2011/1/11 (Tue) at 11:15 pm

映画|ビター・フィースト|Bitter Feast

ブロガーの批判記事のせいで失業したセレブシェフが復讐拷問するホラー映画。ジェームズ・レグロスジョシュア・レナードマリオ・バターリ。監督ジョー・マッジオ。2010年。

ビター・フィースト / Bitter Feast DVDDVD画像

ピーター・グレイ(ジェームズ・レグロス)は、料理番組『Feast』のホストで、有名レストランの厨房を仕切るセレブ料理人であったが、チト過剰なおしゃべり(オーガニックがどーの、環境がどーのみたいな)のせいで人気急落。さらに、有名フードブロガー(ジョシュア・レナード)の批判記事にトドメを刺されて完全ノックアウト。番組降板が決定。レストランとの契約は打ち切り。失業。あー。

ピーターは自分がわるいことをしたと思ってないので、腹が立ってしょうがない。すべてはあのインチキブログのせいである。くそったれめ。あいつにお灸を据えてやらなくちゃ。と思いついて、ブログを書いた張本人を拉致監禁。地下室に閉じ込め「おまえに料理のなんたるかを教えてやるわ!」つって、卵を焼かせたり、ステーキを焼かせてみたり、料理ネタの拷問でヒィヒィいわせる。over easy(卵を両面半熟焼き)で黄身がこぼれているではないか!お仕置きだ!

『Feast』のアシスタント嬢にミーガン・ヒルティ。行方不明になったブロガーを探す私立探偵にラリー・フェセンデンマリオ・バターリ(セレブ料理人。いろんな料理番組に出てるひと)のカメオ出演もあります。

トレイラー動画

Bitter Feast (2010) trailer

感想

残念賞。

  • 料理ネタの拷問というアイデアはちょっとおもしろい。
  • マリオ・バターリがカメオ出演しているとか、料理番組ファンなら局所的に楽しめるのかも。
  • スリラーな展開はつくり馴れているかんじがする。

という点はいいんだが、全体としておもしろくなかった。料理ネタにこだわるあまり、理屈で映画をつくっているような。オチもつまらない。この映画を観るくらいなら、素直に『Hell's Kitchen』を観てたほうがいいんじゃないか。と思ったけど、料理番組好きなホラーファン(いるのか)なら気に入るのかなあ。

以下のページによれば↓

ジョー・マッジオ監督は、 The New York TimesのFrank Bruniが書いた、ゴードン・ラムゼイ(『Hell's Kitchen』のひと)のNYのレストランに関する記事を読んで、この映画のプロットを考えついたそうです。

アメリカのテレビってのは、ratingが落ちれば(他の要因もあるけど)、情け容赦なく「打ち切りごくもん!AXED!」という調子で、センチメンタリズムなど入り込む余地はなく、「ぐだぐだいってるひまがあったら新シリーズつくれ!」とドヤされるのが関の山、というようなシビアな世界なのだろうなあという先入観があるんで、ピーターさんのような感傷男はdumbバカであり、負けが決まってるのにうだうだいってるヤツは無能者。クビになって正解。と見えてしまうという点もあります。

私、思ったのですが、キチガイになる可能性があるのは、打ち切り番組のキャストやクルーではなく、むしろ、それを応援していたファンの連中じゃないですか。そっちのほうがよほどありそう。人気番組が打ち切りになると、いつも大騒ぎになりますからね。だから「打ち切りになった番組の熱狂ファンが、ネットワークの重役を拉致監禁する」ていうほうがおもしろいとおもう。

キチガイファンが「おれの大好きなショーを打ち切りやがって許せん!おれは、人生、これだけが楽しみだったんだよおおおおおおおお!ばっかやっろおおおおお!」とわめいて、テレビ局のえらいさんを人質にたてこもるんですよ。

E!Onlineのキャスターのネーチャンとか、カメオ出演してほしい。ウィリアム・シャトナーも出てほしい。「バカなことはやめるんだ!」と説得されたキチガイは「このうらぎりものめ!」って怒るの。わーわーやってるところに、にぎやかしのデモが押し寄せて「おれはアイツを支持する!」と声明文を読み上げて、リポーターの前でハラキリするとかですね。そういうの、みたーーい。

ちょと追記。

続きを思いついた!

人質事件解決のために、警察は犯人のママを連れてくるんですよ。優しいママは「おまえは子供の頃からテレビがすきだった」とかいって、泣ける台詞をいう。なんでもいいけど、古いドラマのアーカイブ映像が出てきてですね、いろんな名ドラマのオマージュ台詞が出てきて、犯人男も、みんなも、涙ぐんでしまう。話の中に『フルハウス』も出てきて、ここですかさずオルセン姉妹が登場。「人質のみんなを解放してあげて!」とお願いするんだが、ここまでおとなしく話を聞いていた犯人はギロリとこわい顔になり「おまえは子供のころのほうがかわいかったよおおおお!なんだその顔は!」とかいって、人質はブッ殺される。

どうすか。

画像

画像をもっと見る (11枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Bitter Feast
別題: Bitter Feast - Blutiges Kochduell
Pikro tsibousi
制作年: 2010年
制作国: アメリカ
公開日: 2010年6月18日 (アメリカ) (Los Angeles Film Festival)
2010年10月 (アメリカ) (Austin Film Festival)
2010年10月1日 (アメリカ) (Woodstock Film Festival)
2010年10月15日 (アメリカ) (New York City, New York)
2011年1月4日 (カナダ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Bitter Feast
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News