2010/2/18 (Thu) at 7:26 am

映画|ドナー・パーティ|The Donner Party

19世紀。カリフォルニアを目指し、苛烈な雪山を移動する開拓者たちの極限恐怖を描いた実話ベースの映画。クリスピン・グローヴァークレイン・クロフォードマーク・ブーン・Jrクリスチャン・ケイン。監督T・J・マーティン。2009年。

ドナー・パーティ / The Donner Party DVDDVD画像

1846年4月。ドナー・パーティ(The Donner Party)ていう開拓者家族たちの寄せ集めチームが、カリフォルニアを目指して長旅移動を敢行した。最大の難関であるシエラネバダの雪山に囚われた彼らは苛烈な自然を相手に無力であり、腹ペコであり、絶望ズタボロであり、発狂寸前であり、わずかに生き残った者たちは人肉を食料にして生き延びる。「アメリカ版八甲田山ですか(八甲田山では人肉は食べないけど)」という映画は、アメリカ史に残る有名な実話を元にしている。

The Donner Party trailer

感想

これはつまんなかったです。実話ベースということですが、私はよく知りませんが、いろんな人のレビューを読むと「かなりちがうわな」という意見が多いようです。ドキュメンタリじゃないから脚色するのはいいですが、ぜんぜん極限状態に見えないのですね。リーダーのフォスター氏は最後の方になっても毛皮のコートと革の手袋をしていて、疲れた顔つきではあるけれどまぁ健康そうです。生きるか死ぬかのドタンバなんだからもっと七転八倒してもらいたい。チャプリンなら手袋をモグモグ食っちゃうんじゃないですかね。見せ場となる人肉を食うシーンもつまらない。ついに殺人をしてしまった!という次の瞬間には、焚き火の回りで悲しい顔つきのみなさんが肉のかけらをもぐもぐ食っている、悲しい音楽が流れる、という調子です。あー、つまらない。

監督さん的には「俳優さんのすばらしい演技と絶望の雰囲気を味わってください。こわいでしょ?かわいそうでしょ?寒そうでしょ?ね、ね?彼らはこうするしかなかったのですよ!」というような意図で作ってるのかもしれないが、ぜんぜんそれが伝わらなかったです。寒くて辛くてもうこんなのいやです!というお話なら井上靖の『おろしや国酔夢譚』がおすすめです。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV10,407
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Donner Party
別題: The Forlorn
制作年: 2009年
制作国: アメリカ
公開日: 2009年10月23日 (アメリカ) (Austin Film Festival)
2010年1月14日 (アメリカ) (Los Angeles, California)
2010年1月21日 (アメリカ) (San Diego, California)
2010年1月26日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: The Donner Party
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News