2009/12/14 (Mon) at 5:22 pm

映画|シャッタード・ライヴス|Shattered Lives

ビッチ母を持ってしまった少女が邪悪なピエロに導かれて母殺しをやっちゃう低予算ホラー映画。Lindsey Leinoスカイラー・ケイレブクリスティナ・ローゼンバーグ。監督カール・リンドバーグ。2009年。

シャッタード・ライヴス / Shattered Lives DVDDVD画像

レイチェルのママはビッチママ。かわいい子供と優しい夫がいて幸せイッパイのはずなのに、なぜかそれが気に入らない。すべてが気に入らない!人生に喪失感を抱えている彼女は、家族といっしょにいると別人のフリをしているような気になってしまうそうであり、「わたしは不幸せだ〜」とわめくのであり、それで何をやっているかというと、夫がいないあいだに男を連れ込んでsex三昧なのである。子供はほったらかし。ひでえママだ。

レイチェルの救いはパパである。パパはすごく優しいけど、昼間は家にいないからかわいそうです。レイチェルはビッチママのビッチぶりを悲しく見ている。ある夜、ふたりのピエロが出てくる。子供特有のimagenary friendなんだと思われる。ピエロはあれこれとわるいことを囁いて「ママをころしてしまえ」とそそのかす。レイチェルはいい子なので「ナイフを触っちゃいけないといわれた」と自制するんだけど、ピエロの口撃はとどまらず、ついにガーとブチ切れてママを殺しちゃう。あー。かわいそう。

Shattered Lives trailer

※感想

オープニングからしてインディーズ臭がプンプンで、ピエロは学芸会の仮装みたいなヤツだし、すべてが「低予算だぞもんくあっか」なので、そういうのに文句をいわない好事家向けの映画です。ママを殺しちゃうのはまんなかあたりで、後半はレイチェルが大人になったところから始まります。大人になっても踏んだり蹴ったりの不幸人生が続くってわけで、最後にはお決まりのダダーンがあるわけですが、私は前半がよかったと思いました。後半はかなりダルい。Lindsey Leinoていう子役の俳優がよかったです。雰囲気あります。彼女は大予算映画にキャスティングされたら化けるかも?

子役俳優というのは、賞味期限が早いのでホラーのみならず映画産業では貴重な財産だと思われます。私は前から思っているんですが、ホラー映画に出てくる子役って、だいじょうぶなんでしょうか。その、unratedな映画でホラーな演技をするわけじゃないですか。それが元でおかしくなったりしないのだろうかといつも心配になります。視聴する側は年齢制限が決まっていますが、出演する側はno restrictionでしょう?もし映画関係者に会えたら質問してみたいことのひとつです。といっても、もちろん私はホラー映画好きなので、ホラーに子供が出れなくなったらやっぱり困るわけですが。アメリカはいろいろとうるさい国なので、ちゃんと子役俳優専門のセラピストがいてケアするようになっているのですかね。よく知りません。業界の事情に詳しい方は教えてください。

あとからチョイ変更。「モンスターペアレントを持ってしまった少女が〜」と書いたんだけど、ちょっとそれは違うなと気づいたので、少し文章を変えました。

画像

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Shattered Lives
制作年: 2009年
制作国: アメリカ
公開日: 2009年12月22日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Shattered Lives

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News