2009/1/21 (Wed) at 5:42 pm

映画|REPO! レポ|Repo! The Genetic Opera

臓器売買市場を支配する大企業『GeneCO』はカネを払えない貧乏人には容赦がない!実力行使合法取り立て人暗殺者レポマン〜♪ 独創的な頽廃近未来を描いたミュージカルオペラ仕立てのホラー映画。アレクサ・ヴェガアンソニー・ヘッドポール・ソルヴィノ他豪華キャスト!パリスも出てるよ!監督ダーレン・リン・バウズマン。2008年。

REPO! レポ / Repo! The Genetic Opera DVDDVD画像

グラフィックノベル風のプロローグで近未来の舞台設定の説明がなされる。死の疫病が蔓延して死人が続出したが、巨大企業『GeneCo』は画期的な臓器移植手術を発明。創始者ロティ・ラルゴ(ポール・ソルヴィノ)はメキメキと政治力を高めて臓器売買合法化に成功。病気になった人々が手術を申し込むとクルマのローン書類にサインするような気軽さで命を救ってもらえるが、その代わりに借金の取り立ては容赦がない!支払いが滞ると恐怖の取り立て人、REPOマンがやってくる。REPOマンからはだれも逃げられない!命乞いをする哀れな貧乏人を問答無用でバッサリ。移植された臓器を引っこ抜いて去っていく。彼は合法的に殺人を許された身分なのだ。

物語の主人公はアレクサ・ヴェガ演じる病弱美少女シャイロちゃん。彼女は遺伝する血液の病気でひきこもり人生だが、自分のパパがREPOマンをやってることを知らない。彼女とそのパパは、シャイロの死んだママを巡って、GeneCoの創始者ロティ・ラルゴと深い因縁がある。父と娘は陰湿権力者の責め苦に翻弄されていく。17年前の事件の真相が暴露され、優しかったパパの素顔を知った彼女のカナキリ声悲鳴〜。運命の美少女の切ない歌声にあなたの胸は引き裂かれるー。

脇を固めるみなさんが豪華で見どころ満載!わるもん権力者ポール・ソルヴィノは憎たらしィ!シャイロの死んだママの親友だったBilnd Magを演じたサラ・ブライトマンは妖艶ビューティフル!ビル・モズリーとオウガーのバカ息子ぶり!墓ドロボーのテランス・ズダニッチが要所要所でおもしろいことをいう!他にもいろいろ濃い方々が出てて楽しい。みなさんはだれに注目しましたか。パリス・ヒルトンは彼女らしいバカroleをケナゲに演じてたのでよかったんじゃないかと思いました。

Repo! The Genetic Opera trailer #1
Repo! The Genetic Opera trailer #2

※感想

豪華なキャストが揃うと「意外にツマンナイ」というパターンの映画が多いけれど、コレはアタリであった。『ソウ』とはまたちがった異次元世界。スバラシイ!Awesome! 各自が各自のroleで持ち味を発揮していた。キャスティングがいいし、美術センスも脚本もぜんぶよかった。

自分が気に入った本というのはパッと手に取って途中から読み始めても違和感なくおもしろいものだけど、この映画もそんなかんじがした。気が向いたときにサッとDVDを出してきて、シーンの途中から適当に見ても新たな発見があるというような。

これだけ濃い方々が揃っちゃうとアレクサ・ヴェガちゃんは埋もれてしまうのではないかと危惧したが、そんなの杞憂であった。彼女もみんなに混じってよい存在感を出していた。主人公だから彼女が歌うパートがダントツに多いんだけど、とても上手だった。『スパイキッズ』のカルメンの頃からただならぬ才能を感じさせる子役だったけど、いまや完全にスターである。すごいなー。

いろんなシーンがよかったですけど、私は、Blind MagがShiloに会いにくるところ、目からビームが出てきて、死んだママの姿のホログラフィを見せるあのシーンが泣けました。よかったよかった。

SPOILER ALERT!!!!!
ネタバレ!

最高権力者として君臨してきたロティ・ラルゴは自分に死が迫っていることを知る。その莫大な資産をだれに譲るかっていう点に頭を痛めるが、彼は3人の子供たちを信用していない。ふたりの息子はバカだし、娘はカネを使うしか脳がないバカセレブだからである。

という主要なみなさんのようすが描かれつつ、病弱少女シャイロとその父、ネイサン(REPOマン)とラルゴの過去が明かされる。17年前、既に権力者だったラルゴは美女と婚約した。大ハッピーで婚約発表をしたが、彼は結婚できなかった。ほかの男に美女を取られちゃったからである。キーッ!

その恋敵がネイサン。ネイサンは好きな女と結婚して大ハッピーになったが、妻が妊娠した頃、彼女は病気になった。医師だったネイサンは治療薬と信じてある薬を飲ませたが、そのせいで妻は死んでしまった。赤ちゃんだけが助かった。この死亡事件に陰湿ラルゴが関与していたという点を当時はだれも知らなかった。

自分が妻を殺しちゃったと信じ込んだネイサンはフヌケとなり、ラルゴのいいなりになってREPOマンになれといわれてその通りになった。ラルゴの部下になってヨゴレ仕事をやる代わりに妻が残した娘に自分が妻を殺したことを黙っててくれという約束で契約した。以来、ネイサンは愛する娘のためだけに生きてきた。そしてその娘が妻と同じ病気になっちゃったのでじつに悲しいのである。

ラルゴのほうはまだ昔のことを根に持っていて、シャイロの存在を知るや、イヒヒとみんなを不幸にする陰湿計画を立てる。ここで重要なroleを果たす人物がBlid Magである。彼女はシャイロママの大親友だった女性である。ラルゴは盲目だったBlid Magの目を治す代わりに「未来永劫、GeneCoに仕えること」という契約書にサインさせた。目が見えるようになったMagはソレと引き換えにドレイ人生をやらされた。彼女はうたがうまかったので、GeneCoが主催するオペラに出演して、会社の宣伝キャラとして使われた。Magは優しくて、勇気があって、うたがうまくて、シャイロの味方である。

ラルゴは、ネイサンを呼び「MAGを殺せ」とREPOの仕事を命じる。ネイサンにしてみれば、死んだ妻の大親友を殺せって話はいやなので断った。それでもむりやりやらせちゃう!ラルゴっていう男は孤独な権力者で、愛に飢えているというか、幸せモンがとにかく嫌い!幸せなヤツラをズタズタにしてやりたい!という根性の持ち主みたいである。Magのほうは自分の危険よりもシャイロのほうが心配で彼女に警告しようとするんだけどうまくいかず。

いやがるネイサンをむりやり従わせたラルゴは次にシャイロを呼びだして、パパの秘密をブチまける。ラストのクライマックスはオペラの舞台。Blind Magがかなしいうたを歌ったあと、観客の前で自殺した。じぶんの両目をえぐりとって転落死。ドンビキの観客のまえにこんどはシャイロが放り込まれて、そこにはラルゴ以下、みなさんが大集合。ネイサンはイスに縛られて拘束されている。ラルゴはシャイロに父の秘密をぜんぶバラす。そして深く傷ついた彼女に銃を渡し「おまえの父を殺せ。そしたらおまえはおれの財産を相続できる。わっはっは」という。どこまでも陰湿ヤローなのだ。

わーわーとすったもんだして、銃がばんばん鳴って、結局、ラルゴとネイサンは死亡。シャイロは憂鬱顔で出ていった。

エンドロールの途中でオチが明かされる。パリス演じるイカレ小娘のアンバーちゃんがバカアニキふたりを従えて記者会見。「きょうからわたしが社長なのうふん」。

以上、早足でまとめちゃいました。

画像

画像をもっと見る (5枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Repo! The Genetic Opera
別題: Foniki synallagi
Repo!
Repo! - A genetikus opera
Repo! The Genetic Opera
Repo: Genetická opera
邦題(カタカナ): 『REPO! レポ』
制作年: 2008年
制作国: アメリカ
公開日: 2008年7月18日 (カナダ) (Fantasia Film Festival)
2008年9月2日 (ドイツ) (Nuremberg Fantasy Filmfest)
2008年9月12日 (カナダ) (Atlantic Film Festival)
2008年9月19日 (アメリカ) (Austin Fantastic Fest)
2008年9月26日 (カナダ) (Edmonton International Film Festival)
2008年10月4日 (スペイン) (Sitges International Fantastic Film Festival)
2008年10月18日 (カナダ) (Toronto After Dark Film Festival)
2008年11月7日 (アメリカ) (limited)
2009年1月1日 (スペイン)
2009年1月30日 (フランス) (Gérardmer Film Festival)
2009年2月5日 (オーストラリア) (Perth)
2009年3月7日 (イギリス) (London FrightFest Film Festival)
2009年3月9日 (イギリス) (DVD)
2009年3月21日 (日本)
2009年4月14日 (ドイツ) (DVD)
2009年11月24日 (フランス) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Repo! The Genetic Opera
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News