2007/11/21 (Wed) at 12:40 am

映画|ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた|Waitress

パイ焼き名人ウエイトレスのホンワカラブコメディ。ホラーじゃありません。ケリー・ラッセル主演。監督脚本エイドリアン・シェリージェレミー・シストが出てるよ。

ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた / Waitress DVDDVD画像

ウエイトレスのジェンナは不幸な女である。ロクデナシの嫉妬亭主に自由を奪われ、貧乏であるうえに妊娠したという、絵に描いたようなオーミゼラブルな人生。だが、こんな彼女にもたったひとつの取り柄があった。パイ焼きの名人なのだ。パイを焼いてるときだけが幸せよ〜というケナゲなジェンナだが、そんな彼女に恋する相手が現れた。トラブルの予感。吉と出るか凶と出るかのラブコメディロマンス。パイづくりを人生にたとえる台詞がおもしろいデス。こんな台詞がいっぱい出てくる↓

Earl murders me cause I'm having an affair pie. You smash blackberries and rasberries into chocolate crust. I can't have affair because it's wrong. And I don't want Earl to kill me pie. Vanilla custard with banana, hold the banana ...

ふぅ。ホラー映画じゃありません。シリアルキラーやヴァンパイアや銀行強盗ばっかり見ているとたまには銀河テレビ小説が見たくなりませんかという話。ホンワカムードのラブコメディです。ギャグのキレ味がいいということはない、とりたててawesomeなぶぶんはなく、とてもオーソドックスなつくりの地味地味ロマンス。多くを求めることなく「なーんも考えずにノンビリしたいわ」というときにちょうどいいかんじ。人生を隙間を埋めてくれることでしょう。

ジェレミー・シストが好きなので見てみたのですが、彼はシリアス系の役が多いのだけれど今回はダメダメ亭主を演じていました。とことんダメ人間。空気吸ってるだけみたいな。俳優ってどんな人間にもなれちゃうんだなー。すごいなー。他の配役も安定感があってなかなかおもしろかったよ。

ところでこの映画の監督兼ライターで、ブスキャラ同僚として出演しているエイドリアン・シェリーですが、私は知らなかったのですが、昨年11月に殺されてたのですね。映画の最後に "In Loving Memory of Adrienne Shelly" って出てくるからナヌーと思ったらそういうことだった。なんだ。かわいそうだな。享年40歳だったそうです。工事の音がうるさいとかいって、建設現場で働いているひととケンカして殺されちゃったとここに書いてあった↓

http://film.guardian.co.uk/News_Story/Guardian/0,,1942286,00.html

もったいない!才能あるひとだったのにな。これが遺作だったのか。

Baby, don't cry
Gonna make a pie
Gonna make a pie
with a heart in the middle

Baby, don't blue
Gonna make for you
Gonna make a pie
with a heart in the middle

Gonna be a pie
from heaven above
Gonna be filled
with strawberry love

Baby, don't you cry
gonna make a pie
Hold you forever
in the middle of my heart

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー以外の映画』の最近のエントリ

PV12,402
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Waitress
別題: Waitress
Ettekandja
Garçonete
Garson kiz
Jennas Kuchen - Für Liebe gibt es kein Rezept
Kelnerka
La camarera
La serveuse
Pincérlány - Édesen is csípős
Recetas de amor
Unelmien resepti
Waitress - Ricette d'amore
邦題(カタカナ): 『ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた』
制作年: 2007年
制作国: アメリカ
公開日: 2007年1月21日 (アメリカ) (Sundance Film Festival)
2007年2月28日 (アメリカ) (US Comedy Arts Festival Aspen)
2007年3月29日 (アメリカ) (Method Fest Independent Film Festival)
2007年4月14日 (アメリカ) (Phoenix Film Festival)
2007年4月18日 (アメリカ) (Philadelphia International Film Festival)
2007年4月20日 (アメリカ) (Sarasota Film Festival)
2007年4月21日 (アメリカ) (Newport Beach Film Festival)
2007年5月2日 (アメリカ) (limited)
2007年5月25日 (アメリカ)
2007年6月15日 (アメリカ) (Nantucket Film Festival)
2007年6月24日 (オーストラリア) (Sydney Film Festival)
2007年7月14日 (イギリス) (Cambridge Film Festival)
2007年8月10日 (イギリス)
2007年9月5日 (フランス)
2007年9月19日 (ロシア) (American Film Festival)
2007年9月27日 (ロシア)
2007年10月12日 (イタリア)
2007年10月25日 (オーストラリア)
2007年11月1日 (ドイツ)
2007年11月17日 (日本)
2007年11月23日 (スペイン)
2007年11月27日 (カナダ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Waitress
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News