2014/2/10 (Mon) at 9:36 pm

映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter)

女専門キチガイ病院を舞台にしたスペインのエクスプロイテーションホラー映画!ケタケタ笑いのオバちゃんだらけ!オカルトもあるよ!アナリア・ガデフランシスコ・ラバルエスパルタコ・サントーニ。監督ラファエル・モレノ・アルバ。原題『Las melancólicas』。1971年。

The House of Insane Women (Exorcism"s Daughter) DVDDVD画像

ここはスペイン。

カトリック教会が運営する女専門のキチガイ病院。

ケタケタ笑いのオバちゃんがあっちにもこっちにもいて、病院の中は大人の幼稚園みたいです。患者さんたちは、わめくわ、走るわ、転げ回るわ、思い思いのたけを振り絞って狂っています。すっごーい。

看護婦さんたちは狂った女たちを追いかけ回して、ひーこらいって、年がら年中こんな調子なんですかね。

この病院には、病院には似合わない風貌の人物が一名いる。マカロニウェスタンのわるもんガンマン役が似合うような、いかがわしい雰囲気の男(フランシスコ・ラバル!)は雇われ警備員。荷物運びから暴れる患者をひっぱたく役目まで、力仕事全般を請け負う人物です。

彼は王様みたいに病院内を歩き回り、好き勝手にやりたい放題。若い患者娘を愛人にして、お酒をぐびぐび飲んで、きまぐれにオバちゃん患者に酒を飲ませて遊んだり、果ては、ロンパリ目玉の変態オヤジを病院内に連れ込んで、女を世話するポンビキみたいなこともやっている。

こんなハチャメチャな病院に、スペイン産の竹脇無我といった雰囲気の、ハンサム新任医者(エスパルタコ・サントーニ)がやってくる。彼はかつてなく先進的なマインドの持ち主であり、患者を犬コロ同然に扱う惨状に深く心を痛め、自らが考案した治療方法で狂女たちの苦しみを取り除いてあげようとする。「拘束着はやめよう」が合言葉。

新任医者は、患者たちの中にターニャさん(アナリア・ガデ)というきれいな女を見るや、ひとめでピーンときて、彼女のために特例措置を講じ、大部屋から出してやり、個室の病室を用意し、きれいな服を着せてあげたりする。一目惚れをしてしまったのか、あるいは、純粋に学究的な対象として気になる存在だったのか、そこらへんは定かでない。

彼の治療を通じ、ターニャさんが狂ってしまった少女時代のオカルト過去が明かされます。きゃー!

トレイラー動画

The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (1971) trailer

感想

男前医者とターニャさんのお話もおもしろいんが、脇を固めるみなさん、キチガイ病院の風景がすばらしい。ご覧頂きましょう。こんなのがオンパレードでいきなり登場するんですよ↓

映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像

いいでしょう?

彼女たちを見ていると、なりふり構わぬ生の息吹がかんじられます。「てーのひらを、たいようにー」って歌いだしたくなってしまいますよ。さらに、こちらは後半で登場するロンパリ目の変態さん↓

きもちわるーい
映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像

キチガイ娘にかぶりつき
映画|The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (15) 画像

節操がない/エロ/娯楽性/ハチャメチャ。じつにエクスプロイテーションらしい真心が感じられます。女たちがうわーと叫んで、羽枕をグッチャグッチャにして放り投げるシーンはよかったなあ。この種のヤツを好きなひとにはたまらない!

なんて思ったけど、ホラー映画を期待するとちょっと違うかなという気がする。上にリンクしたトレイラーではエクソシズムをやたら強調しているが、これは最後にチョロッと出てくるだけです。全般的には、常軌を逸したキチガイ病院を舞台にした陰惨ドラマってかんじです。オカルトがどう絡んでくるのかってのは映画を観てください。そこらへんは大した話じゃないのですが。

以下のブログに書いてある話によれば↓

この映画は『エクソシスト (1973)』のパクリではないそうです。製作年はフリードキン監督のヤツよりも前なんだが、アメリカで公開されたときにはエクソシスト後だったので、その人気にアテ込んでつけられたアメリカ題が『Exorcism's Daughter』だったそうな。上のブログの人もいってる通り、もうひとつの題『The House of Insane Women』の方がしっくりきます。

The House of Insane Women (Exorcism's Daughter) (1971)』は『The Night of 1000 Cats (1972)』とセットのDouble Feature DVDが出ています。音声は英語吹き替えのみ。字幕はナシ。画質はまぁまぁ↓

この映画はそのスジの方にはたいへんおすすめであります。

画像

画像をもっと見る (81枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Las melancólicas
別題: Las melancólicas
House of Insane Women
Women of Doom
La fille de l'exorciste
Aberrazioni sessuali in un penitenziario femminile
As Melancólicas
Exorcism's Daughter
制作年: 1971年
制作国: スペイン
公開日: 1971年 (スペイン)
1974年3月 (アメリカ)
1974年9月13日 (アメリカ) (Chicago, Illinois)
1981年7月8日 (フランス)
imdb.com: imdb.com :: Las melancólicas
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
衣装デザイン
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News