2014/1/20 (Mon) at 3:20 pm

映画|Evil Never Dies (The Haunting of Harry Payne)

元ギャングのおじいさんがオバケと闘うホラー映画。トニー・スキャネルグラハム・コールケイティ・マニングアノウスカ・モンド。監督マーティン・ピック。2013年。

Evil Never Dies (The Haunting of Harry Payne) DVDDVD画像

ここはイギリス。

刑務所から初老の男が出てくる。彼はハリー・ペイン(トニー・スキャネル)といって、元はコワモテのギャングで、仲間(P・H・モリアーティ)を殺した罪で10年を刑務所で過ごしたのであった。

出所後はギャング稼業は引退。田舎に引っ込んで、静かに暮らしていくつもりである。小さなパブのオーナーになった。

彼が住む家の近所には、愛する妻(ケイティ・マニング)がいる。どうして奥さんといっしょに暮らさないかというと、彼女は頭がおかしくて、キチガイ病院に入院しているからである。

男はしょっちゅう面会にいく。狂った妻の狂った会話に辛抱強くつきあってやり、病院を出ると深いため息を漏らす。自分が過去に犯した罪を背負って孤独に耐えているよう。なんだか物悲しい。かわいそうなおじいさん。

やがて、彼の住む村の周辺で陰惨な殺人事件が起きる。ここらへんには都市伝説みたいな言い伝えがあって、みんなは「オバケが出た!」つって怯えているが、警察はオバケ説を信じず、この男が疑われてしまう。おじいさんは警官(グラハム・コール)にいぢめられる。ますますかわいそう。

彼の脳裏には苦い殺人の記憶が度々蘇る。へんな幻が見えて冷や汗ダラダラ。酒を飲んで忘れようとしても、気は休まらない。映画を観る私らには「彼は罪悪感に囚われているんだな」と思えるが、これがちがうんですよ。彼には、じつは、へんなものが見える能力、すなわち超能力が備わっていたんですよ。えーっ!

元ギャングのおじいさんはついに立ち上がる。自分の能力を使い、迷えるオバケの霊を鎮め、村の人たちを助ける決心をするのです。なんだかものすごい話だ。

トレイラー動画

Evil Never Dies (The Haunting of Harry Payne) (2013) trailer

感想

この映画は端から端までもの悲しい雰囲気で、地味地味の印象だが、物語はかなり変わっていておもしろい。いきなり超能力のお話になるからびっくりしたー。俳優さんはみんないいかんじです。いつも思うことだが、イギリスって初老の年頃の渋い俳優さんの層が厚いよね。私はよく知らないが、きっと本国では人気のある俳優さんなのだろうと思った。驚かせの手法は低予算ホラー並だが、けっこうおもしろいよ。

UK版のDVDはオマケなんにもナシでした。字幕もナシ↓

画像

画像をもっと見る (51枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Haunting of Harry Payne
別題: The Haunting of Harry Payne
Evil Never Dies
制作年: 2013年
制作国: イギリス
公開日: 2013年 (イギリス)
imdb.com: imdb.com :: The Haunting of Harry Payne
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News