2013/4/19 (Fri) at 9:45 am

映画|The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia

エクトプラズム 怨霊の棲む家 (2009)』の続編PART2。アビゲイル・スペンサーエミリー・アリン・リンドチャド・マイケル・マーレイケイティー・サッコフ。監督トム・エルキンズ。2013年。

The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia DVDDVD画像

1993年。ジョージア。

パパ(チャド・マイケル・マーレイ) + ママ(アビゲイル・スペンサー) + 幼い娘(エミリー・アリン・リンド)の3人家族が、森の一軒家に引っ越す。そしたらオバケが出てきたよ。といういつものヤツ。いわゆる「事実に基づく話」。嘘くさいですが。

3人が引っ越して間もなく、ママの妹(姉?)(ケイティー・サッコフ)もやってくる。この女は男運の悪い出戻り娘で「いくところがない」つって、家の敷地内にあったトレイラーハウスに住みつく。

やがて、まもなく、娘が「ゴーディさんに会った」といいだして、大人たちはびっくりする。ゴーディなる人物は初老の男性(グラント・ジェイムズ)で、この家の大昔の持ち主なんだが、娘にはオバケの姿が見えているようです。

ママの家系は『見えないものが見える』能力を備えた家系だったので、これは遺伝である。この家の娘たちはみんな羊膜(veil, caul)を頭にかぶって産まれてくる(霊能力者の証しであるという話がホラー映画によく出てくる)。だから、大人たちは「やっぱりねえ」つって、複雑顔になる。

ママも伯母も同じ能力を持つんだが、その反応は正反対なので、ふたりはしばしば口論になる。ママは霊的な存在を信じず、ピルをよく飲んでいる。一方、伯母の方は超自然的な力を信じている。

そうこうやってるうちに、娘は「ゴーディさん、ゴーディさん」つって、野原を走っていってしまうので、みんなはアタフタする。ゴーディさんは悪いオバケなのかな。

そこにこの家の過去を知る神父様(ランス・E・ニコルズ)がやってきて、昔話をする。こんなの↓

南北戦争時代。黒人たちは奴隷扱いされてヒデー目に遭っていたが、白人の中には、奴隷たちを助けて、こっそり逃がしてあげる人々がいた。見つかったら裏切り者として糾弾されるのだから、これはたいへんに勇気ある行いである。そして、ゴーディ家は代々慈悲深い家柄だったのであり、彼らは積極的に黒人たちを助け、隠れ場所を提供し、逃がした。黒人たちから「駅長さん(Station Master)」と呼ばれて尊敬された。

なんだそうな。てことは、ゴーディさんてのは善良なひとだったんですね。それのオバケが出てきても悪いことはないんだな。と思ったら、娘が見ているジェームズ・S・ゴーディという人物はゴーディ家にそぐわない嫌われ者の人柄だったらしい。ここらへんの話になると、神父様はモゴモゴと口ごもってしまう。いったいどんな秘密があるんでしょうか。

トレイラー動画

The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia (2013) trailer

感想

The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia (2013)』は『エクトプラズム 怨霊の棲む家 (2009)』の続編PART2てことになっているが、ぜんぜん違うお話です。場所はジョージアでコネチカットさえ出てこない。エクトプラズムも出てこない。オバケハウスつながりていうだけ。だから、日本版が出るとすれば、PART2であるとはわからない邦題になるかもしれない。

さて、感想ですが、あまりパッとしなかったなあ。「ソツなくつくってある」といえば聞こえはいいが、すべてにおいて平凡なんですね。オバケも見せ方も、プロットも、よくある系だからつまらない。でも、この手のヤツっていつもそこそこ売れるから、ホラー映画にあまりなじみのない層には、こんなのがちょうどいいのかなあ。

オバケハウス系のホラー映画は、そろそろなにか新しい手法を出さないとだめなんじゃないの?と常々思っているのですが、これもまた凡作でした。

たとえばさ、この映画を観てて思ったんですが、序盤でいきなり大人たちが全死亡して少女ひとりきりになっちゃうとかさ、そんなの見たいよね。びっくりするよね。そこから先どうなるかですって?知りませんよ!なにか考えてください!

DVDのオマケ

トム・エルキンズ監督
トム・エルキンズ / Tom Elkins 画像

  • Audio Commentary With Director Tom Elkins, Writer David Coggeshall and Co-Producer Brad Kessell
  • Seeing Ghosts: The True Story of The Wiricks
  • Deleted Scenes
  • Outtakes
  • The Haunting in Connecticut Theatrical Trailer
  • The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia Theatridal Trailer

Seeing Ghostsてのは、この映画の元になった家族が出てくる10分程度の大まじめなドキュメンタリなんだが、ホラー映画にはよくこういうオマケ映像が入っているが、いつもながらインチキくさい。これがその家族なんだそうです↓

The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia

こういうデッチ上げをやってる連中がオバケに襲われるっていう映画をつくったらいいのに。この映画のDVDは英語字幕つき↓

画像

画像をもっと見る (132枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia
別題: Extrañas apariciones 2
Posednuće u Konektikutu 2: Duhovi Dzordzije
Evocando Espíritos 2
Malédiction au Connecticut: Les fantômes de la Géorgie
Exorcismo en Georgia
Das Haus der Dämonen 2
Connecticutis kummitab 2: Georgia vaimud
Ghosts of Georgia
The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia
Opsjednuti 2: Duhovi Georgije
El exorcismo de Heidi
O Mensageiro dos Espíritos 2
Posednuće u Konektikatu 2: Duhovi Džordžije
Призраки в Коннектикуте 2: Тени прошлого
The Haunting in Georgia
制作年: 2013年
制作国: アメリカ
公開日: 2013年2月1日 (アメリカ) (limited)
2013年5月9日 (ロシア)
2013年5月30日 (香港)
2013年6月12日 (フランス) (Blu-ray & DVD premiere)
2013年8月16日 (スペイン)
2013年8月23日 (ドイツ) (DVD)
2013年10月31日 (イギリス)
imdb.com: imdb.com :: The Haunting in Connecticut 2: Ghosts of Georgia
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News