2013/2/26 (Tue) at 7:07 am

Antiviral - シドはハンナを愛していたのか ネタバレ含

アンチヴァイラル (2012)』の追記。このエントリはネタバレが含まれます。

Antiviral - シドはハンナを愛していたのか ネタバレ含 DVDDVD画像

先にアプした『アンチヴァイラル (2012)』に関して、読者の方から「シドは彼女を愛していると、どうしてそうもはっきりいえるのであるか」という趣旨のメールを頂戴しました。

お読みくださり、ありがとうございます。これに関して私の考えを書きます。前のエントリに追記しよかと思ったんだが、だいぶ長くなっちゃったので別エントリにします。

確かに明確な描写はなかったですが、いくつかのヒントはあったと思うのですね。彼が肉屋のオヤジを通じて紹介されたレヴィンに助けを求めたとき、レヴィンから「助けてやるからおまえの血液をよこせ」という提案を拒否しました。

レヴィンは彼がハンナ・ガイストと同じ病気に罹っていることを知ってて、ゆえに、シドの血液はスゲーお宝だから欲しがったんですね。肉屋のオヤジも「ひとりじめすんなよ」てなことをいっていた。

なぜシドがあのとき拒否したのか、その理由は明かされませんでしたが、彼にとっては生き死にの問題なんだから、あそこで取引を拒否するというのは不合理ではないか。しかるに、彼は即座に拒否した。おまえなんかに渡してなるものか。みたいなかんじで。

あれを見たとき、彼は惚れてんだなと感じたのですよ。彼にとってハンナのウィルスは商品以上の価値がある。ひとりじめしたい。でも、死ぬのはいや。そこが矛盾しているんだが、わかる気がする。

私はこのように想像したんだが、別の解釈もできる。相手は得体の知れないアングラ野郎だから信用できないと思っただけかもしれない。でもさ、やっぱり惚れていたとする方がエンディングのあれと合うんじゃないかなあ。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV8,353
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Antiviral
別題: Viirusevastane
Antivirus
Антивирус
邦題(カタカナ): 『アンチヴァイラル』
制作年: 2012年
制作国: カナダ
公開日: 2012年5月19日 (フランス) (Cannes Film Festival)
2012年9月10日 (カナダ) (Toronto International Film Festival premiere)
2012年9月12日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2012年9月17日 (カナダ) (Atlantic Film Festival)
2012年9月17日 (カナダ) (Quebec City Film Festival)
2012年9月17日 (フランス) (Festival Européen du Film Fantastique de Strasbourg)
2012年9月20日 (アメリカ) (Austin Fantastic Fest)
2012年9月29日 (カナダ) (Vancouver International Film Festival)
2012年10月10日 (スペイン) (Sitges Film Festival)
2012年10月12日 (カナダ) (limited)
2012年10月13日 (イギリス) (London Film Festival)
2012年10月29日 (フランス) (Samain du Cinema Fantastique)
2012年11月9日 (フランス) (Festival International de Science Fiction de Nantes)
2012年12月1日 (イギリス) (Brighton Film Festival)
2013年2月1日 (イギリス)
2013年2月13日 (フランス)
2013年4月12日 (アメリカ) (New York City, New York)
2013年4月19日 (アメリカ) (Los Angeles, California)
2013年4月26日 (アメリカ) (Portland, Oregon)
2013年5月5日 (スペイン) (Bilbao Fantasy Film Festival)
2013年5月25日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: Antiviral
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News