2010/11/18 (Thu) at 11:35 pm

映画|フライトメア 恐怖!人喰い女達の晩餐|Frightmare

キチガイ食人ママのせいで家族が苦労するホラー映画。シーラ・キースルパート・デイヴィスキム・ブッチャーデボラ・フェアファクス。監督ピート・ウォーカー。1974年。

フライトメア 恐怖!人喰い女達の晩餐 / Frightmare DVDDVD画像

1957年。夫婦シリアルキラーが逮捕された。この夫婦が殺人を犯したのは、妻ドロシー(シーラ・キース)の人肉嗜好欲求を満たすためであった。夫エドモンド(ルパート・デイヴィス)は妻の欲望を満たすため、進んで殺人を手伝った。彼らはサイコ病院送りとなったが、時を経ていまは病院を出て、隠棲するように暮らしている。

この夫婦には娘がふたりいて、同じ町に住んでいる。姉ジャッキー(デボラ・フェアファクス。美人OL風!)は夫が前妻とのあいだにこさえた連れ子なので、彼女にとってドロシーは義理母なんだが、この娘は性格が優しいので、定期的に両親の顔を見にきては、あれこれと世話を焼いている。

一方、妹デビー(キム・ブッチャー。美少女!)はドロシーとエドモンドのあいだに産まれた実の娘だが、両親の存在を知らない。姉ジャッキーが気を遣ってナイショにしているのである。んで、この妹ってのが、かわいい顔をしているんだが、おそろしく反抗的な不良少女である。夜な夜な遊び歩いて、しょっちゅう朝帰りをする彼女は、姉を毛嫌いしている。

という、やや複雑な家族のみなさんは各自悩みを抱えて生きているわけだが、エドモンドとジャッキーの共通の心配は、

「ママがまたひとをブッ殺しちゃうんじゃないか!」

という点である。ぜったいそんな悲劇が起きないように、パパと娘は目を光らせているのであるが、またまたヤッちゃうわけです。

なんだかんだと事件が起き、これまでなにも知らなかった妹デビーもやがて真実を知る。すると、デビーはさすがドロシーの直系直子。積極的にママの味方となり「あたしもブッコロス!ママ、だいすき!」となる。パパは「わしゃ、どうすりゃいいんだ!」とうなだれつつも、彼は妻ドロシーに逆らえず、死体隠蔽工作を手伝ってしまう。過去の過ちを繰り返してしまうわけだが、今回はデビーという娘も加担しているからますます始末が悪い。

家族の中で唯一の正常人であるジャッキーは、こんなキチガイどもに囲まれてじつにかわいそうである。彼女には善良カレシのグラハムくん(ポール・グリーンウッド)てのがいて、不安に怯える彼女を助けてくれるんだが、この男はプロのサイコロジストで「おれに任せとけ!」とかいうんだが、こんなキチガイ相手にセラピーなんぞが役に立つのでしょうか。

血みどろぐちゃぐちゃの感情が入り乱れての猟奇ホラー映画。なかなかおもしろいよ。

トレイラー動画

Frightmare (1974) trailer

感想

DVDのパケには電動ドリルを持ってニタリ笑いするドロシーさんの絵がありますが、こういうシーンはあるものの、いまの残虐ホラーを見馴れている目にはマイルド描写です。ゴアゴアはそんなにないです。

が、キチガイ妻を演じるシーラ・キースがおそろしくハマッてて、おっかない。妻に頭が上がらない夫を演じるルパート・デイヴィスは一見すると正常人に見えるんだが、こちらも狂っています。その本質はドMのドレイ。妻のいうことなら何でも聞く。

そして、物語に悪の華を添えているのが、あっけらかんとした美少女のキム・ブッチャー。こちらは長年世話になった姉をブッ殺すことに躊躇なく同意します。

デボラ・フェアファクス演じるジャッキーさんはほんとうにお気の毒でした。彼女はなにもわるいことをしてなくて、それどころか、両親を心配して尽くしてきて、不良少女の妹のめんどうをみてきたというのに、ぜんぜん報われないのです。絶望のラストに落ちます。

「バカは死ななきゃ治らない!」

てことなんだなあとおもいました。

ピート・ウォーカー監督に関して詳しく解説してくださっているページがありましたんで以下にリンクします。参考になります。どうもありがとう↓

DVDのExtra

DVDのオマケはこれだけ↓

  • Commentary with Director Pete Walker and Director of Photography Peter Jessop. Moderated by Walker's Biographer, Stephen Chibnall
  • Stills Gallery
  • Trailers for The Comeback, The Confessional, Die Screaming, Marianne!, The Flesh And Blood Show, Frightmare and The House Of Whipcord

コメンタリがいいですね。英語字幕はありますが、コメンタリの字幕はナシ。画質はまぁまぁです。このDVDはこちらから↓

ネタバレです

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

ネタバレを読む

画像

画像をもっと見る (25枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Frightmare
別題: Cover Up
Frightmare
Frightmare II
Nero criminale - le belve sono tra noi
Once Upon a Frightmare
Psicópatas
Smak på människokött
Terror sin habla
邦題(カタカナ): 『フライトメア 恐怖!人喰い女達の晩餐』
制作年: 1974年
制作国: イギリス
公開日: 1974年11月6日 (イギリス)
1975年7月 (アメリカ)
imdb.com: imdb.com :: Frightmare
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
アートディレクション
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News