2010/9/11 (Sat) at 11:39 pm

映画|クレイジーズ|The Crazies

細菌兵器の恐怖を描いたホラー映画、ジョージ・A・ロメロザ・クレイジーズ (1973)』のリメイク。ティモシー・オリファントラダ・ミッチェルダニエル・パナベイカージョー・アンダーソン。監督ブレック・アイズナー。2010年。

クレイジーズ / The Crazies DVDDVD画像

ここはアイオワの平和な田舎町。

善良なオッサンがライフルを持って野球場に乱入するとか、優しい父親が家族を殺すといった原因不明の事件が連続して起きる。だれも知らないあいだに、超危険な細菌兵器『トリクシ』てのが拡散し、人々を狂わせているというのが真相だが、まだだれも知らない。

男前シェリフのディヴィッド(ティモシー・オリファント)は、部下のラッセル(ジョー・アンダーソン)といっしょに独自調査を行い、人里離れた川に墜落飛行機が沈んでいるのを発見した。飛行機墜落なんて大きな事件であるはずなのに、まったくニュースにならなかったというのはじつにへんである。「なにか事件と関係あるのかなー」とかいってたところに、どこからか軍の兵士たちがダダーとやってきた。彼らは一切理由を述べることなく、問答無用で町を占拠&封鎖した。

兵士たちは防護服&マスクを着用し、銃を持ち、そこらへんのひとたちをかたっぱしから捕まえ、不思議な装置をピピッとやる。それをやると感染者かどうかがわかるらしい。感染者認定されると「おまえはこっち」といわれて巨大仮設テントに拘束される。人権無視の暴挙である。

ディヴィッドの奥さんのジュディ(彼女は医者。ラダ・ミッチェル)も感染者認定されちゃったもんで、どっかに連れ去られ、夫婦はバラバラになってしまう。ディヴィッドはラッセルといっしょに愛する妻を救出し、ついでにジュディの部下であるベッカちゃん(ダニエル・パナベイカー)も助けた。4名はひーこらいって逃げる。彼らは封鎖された町を脱出できるんでしょうか。

映画の後半になると、末期症状の感染者たちがガオーと出てきます。このウィルスに感染すると最初のうちは痴呆状態で、そのあいだはポケーとしてるだけなんだが、潜伏期を経て、どっかーんと発狂する。さらに進んで、末期の段階になると、血管がぐにゅーと浮き上がり、血をダラダラ流して、モンスターのようになります。

ジョージ・A・ロメロ監督『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖 (1973)』の2010年リメイクは、オリジナルの風味を残しつつ、新しいシナリオを盛り込んで、とてもスリリングなパニックホラー映画になりました。

トレイラー動画

The Crazies (2010) trailer
The Crazies (2010) trailer

感想

このリメイクはいいですね。オリジナル版『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖 (1973)』のうだうだしてるところをざっくりカットして、じつにソリッドなアクション映画になりましたよ。オリジナル版では軍のえらいさんの会話シーンがたくさんありましたが、こっちではそういうのナシ。兵士たちに蹂躙される市民の視点だけで状況を描いています。

かなり大幅に新要素が加えられているけど、それでいて、オリジナル版のよかったところはだいじに残してある、ロメロ先生のいいたかったことはかたちを変えて受け継がれているようにかんじられました。

リメイクってむずかしいでしょ。オリジナルと同じすぎると「つまらん」といわれるし、新要素を盛り込みすぎると「オリジナルをバカにしてんのか?」といわれる。どのようにリメイクするかって監督さんの挑戦だと思うんですが、このリメイクはよかったですよ。

アクションシーンが凝ってておもしろいです。あーなってこーなってみたいな連続ワザで攻めてくるんだけど、いろんなびっくりワザが仕込んであった。こういうのはいいですね。

特殊効果もよかった。DVDのメイキングを見ると、特殊効果担当の人が出てきていろいろしゃべってますが「とにかくリアルにすること!」という点に注力したそうな。この場合の『リアル』というのは、単に『よくできている』ということだけでなく、「こんなウィルスはほんとにあるかもしれない」と思わせるような『リアルさ』ってことだそうです。「ゾンビのメイクとは似て非なるものを目指した」みたいなことをしゃべってました。うんうん。そういうの、感じた。

てわけで、かなりおもしろかったですが、残念なところもあります。それは、ダニエル・パナベイカーラダ・ミッチェルは感染しているはずなんだけど(兵士が持ってきた判定機械を信じるならばですが)、彼らの発狂シーンがなかったという点です。

ロメロの『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖 (1973)』では、ジュディが最後に痴呆みたくなって、それがすごく悲しかったんですけど、どうしてあれをやってくれなかったのだろう。また、ダニエル・パナベイカーの方は、彼女がダダーンと死んじゃう場面はじつに独創的なシカケがあっておもしろいんだけど、あそこでギリギリ復活して、もういっちょう見せ場があって、その先で発狂死する、というのを見たかったなあと。ダニエル・パナベイカーのそういうのが見たかった!見れると思ってたのに死んじゃうから、あーあーとおもった。

という点が私的に少しマイナスなんですが、でも全体的にはよかったと思いました。

リン・ローリーのカメオ

映画が始まって24分あたり。リン・ローリーがリンリン自転車オバサンになってうたをうたいながら登場します。おもしろいよ。ファンはちゃんと見よう!

トリヴィア - ウェブサイトがあるよ

映画の中で以下のurlが出てきます↓

ここにアクセスすると、事件が起きたOgden Marsh(架空の町)のシェリフのサイトにつながります。左下のログインフォームに以下のusernameとpassを入力する。

user: ddutten
password: judy

するとページが変わって、市民から寄せられたボイスメッセージが聞けます。その中にあるコレをクリックする↓

DISPATCH #OM14_010

すると匿名のタレコミ情報を聞けます。そこで明かされるurlがコレ↓

上のurlにアクセスすると、政府の極秘プロジェクト『Trixie』の真相暴露サイトが見れます。壁紙とかダウンロードできるよ。まだ続きがある!このサイトの中に次の文章があります。

だれもTRIXIEの秘密を知らないんだが、とあるケミカル会社のウェブサイトがある。彼らはTRIXIEに関係してるらしいが、詳しいことはわからない。

とあり、次のurlとログイン情報がある↓

url: http://dpchemicals.com/
username: jbmartin
password: p@ssword

上のurlにアクセスして、右上のログインフォームにuserとpassを入力するとこんどは従業員のメール履歴が見れます。その先にはこの企業の極秘ファイルがある。その先にもなにかあるかも。ひまな方は探してみてください。

DVDのExtra

DVDのオマケはこれだけ入ってます↓

  • Audio Commentary With Director Breck Eisner
  • Behind The Scenes With Director Breck Eisner
  • Paranormal Pandemics
  • The George A. Romero Template
  • Make Up Mastermind: Rob Hall In Action
  • Visual Effects In Motion
  • Trailer
  • Behind The Scenes Photo Gallery
  • Storyboards: Building A Scene

『The George A. Romero Template』てのは、ドン・コスカレリ、Steve "Uncle Creepy" Barton(DreadCentral.com)、Ryan "Rotten" Turek(ShockTillYouDrop.com)という3人が出てきて「ジョージ・A・ロメロはすごいよ」って話をえんえんしているというもんです。

『Make Up Mastermind: Rob Hall In Action』てのは、最後の方のアクションシーン(デカトラックのガレージのところ)で出てきたぐじゅぐじゅ感染者のオジサンの顔メイクをつくるところを見せてくれるというもんです。

Memorable Quotes

Becca Darling: This is really happening...
Judy Dutton: It's gonna be alright, we're gonna be ok.
Becca Darling: You don't really believe that, do you?

David Dutton: Don't ask me why I can't leave without my wife and I won't ask you why you can.

Bill Farnum: She worries too much. I'm fine. I'm just tired.
Judy Dutton: So, what are you doing for the weekend?
Bill Farnum: She worries too much. I'm fine. I'm just tired.

Russell Clank: Boo-fucking-yah.

Russell Clank: I'm not right, am I?

David Dutton: You know what?
Russell Clank: What?
David Dutton: We're in trouble.

David Dutton: RUSSELL!
Russell Clank: I saw a movement!
David Dutton: Everything is fuckin' moving!

Becca Darling: Um, Dr. Dutton, my aunt's in town.
Judy Dutton: Um hmm...
Becca Darling: And she's sick too.
Judy Dutton: Phew, I'm going to need you to stay late tonight. You know, you should probably text your aunt - Scotty - and tell him you can't make it to the baseball game tonight.

Russell Clank: Is he dead?
David Dutton: Well if he is, he won't mind waiting.

Newscaster: [after credits] We want to update you on late-breaking news. A massive fire in Ogden Marsh continues to rage, and high winds are preventing fire teams from containing the deadly blaze. Now information is still coming in, but what we currently know is an explosion rocked the Daycon Pendril chemical plant early this morning, with eyewitness reports of a 400 foot fireball that lit-up the sky. We also have reports of another explosion at a nearby Clark fueling station... [breaking up] Newscaster: to contain the flames, and civilians are not being permitted...

Russell Clank: Fuck you for what you did.

David Dutton: Do you wanna give up? You wanna sit here and die tell me, and i will sit here and die with you.

画像

画像をもっと見る (34枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Crazies
別題: El día del apocalipsis
La epidemia
Безумцы
A Epidemia
A tébolyultak
Beprociai
Hullud
La città verrà distrutta all'alba
Les détraqués
Ludaci
Ludjaci
Mentes asesinas
Opetani
Paranoia
Podivní
Salgin
The Crazies - Desconfia dos Teus Vizinhos
The Crazies - Fürchte deinen Nächsten
The crazies
邦題(カタカナ): 『クレイジーズ』
制作年: 2010年
制作国: アメリカ/アラブ首長国連邦
公開日: 2010年2月23日 (アメリカ) (Los Angeles, California premiere)
2010年2月26日 (カナダ)
2010年2月26日 (イギリス)
2010年2月26日 (アメリカ)
2010年3月18日 (ロシア)
2010年4月8日 (韓国)
2010年4月23日 (イタリア)
2010年5月27日 (ドイツ)
2010年5月28日 (スペイン)
2010年6月9日 (フランス)
2010年8月5日 (オーストラリア) (Blu-ray)
2010年10月28日 (日本) (Tokyo International Film Festival)
2010年11月6日 (スペイン) (Festival de Cine de Terror de Molins de Rei)
2010年11月13日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: The Crazies
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News