2010/5/27 (Thu) at 6:42 am

映画|シャドー・ウィジン|The Shadow Within

死者の声を聞く能力を持つ少年。悲しげな雰囲気のスリラー映画。ローレンス・ベルチャーヘイリー・J・ウィリアムズベス・ウィンスレット。監督シルヴァーナ・ザンコロ。2007年。

シャドー・ウィジン / The Shadow Within DVDDVD画像

ここはフランスのどっかの田舎。戦時中の話。

男たちは戦争で徴兵され、村に残っているのは女と子供だけである。そこに、ジフテリアが流行し、子供たちが死んでいくという悲劇が重なり、みなさんの表情は暗い。映画はさいきん亡くなった子供のお葬式の場面から始まります。

9歳の少年モーリス・デュモンはママとふたり暮しである。モーリスは双子で産まれたのだが、片割れの兄弟は出産直後に死亡したという過去がある。そしてモーリスは死んだ兄弟のオバケが見える。オバケはモーリスがひとりになったときだけ出てきて、なんやかんやと話しかけてくる。モーリスはこれをナイショにしている。普段の彼は礼儀正しくて賢そうな顔つきの子供である。かわいいです。

そして、モーリスのママは変人である。自分の子供が他の人々と交流することを極端に怖れ、厳格な家庭内ルールをつくって息子に守らせようとする(ママがいないときに客が来たら、家に入れちゃいけないとか)。偏屈なママだが、キチガイということではなく、なにか理由があって厳しくしているような印象。ほんとは優しいママなのだろうか。

映画の舞台は因習的な小さな村なので、いかにも『むらびと!』というみなさんばかりなんだが、ふたりだけ毛色の違うキャラが登場する。モーリスの学校の校医をやってる女性(ベス・ウィンスレット)と、その夫(こちらはモーリスの学校の先生。ロッド・ハレット)である。モーリスのママは、この女医さんを「都会からきた鼻持ちならない女」という調子で嫌っているが、女医さんの方はモーリスを心配し、あれこれとおせっかいを焼き(学校に来て予防接種をしろとか)、モーリスにはなにか秘密があるらしいぞと気づくと夫といっしょに詮索を開始する。

一方、村の人たちはこの変わり者の母息子をややあきれた視線で眺めているのであったが、彼らは、モーリスが死んだ兄弟の姿を見ているらしいぞとわかると、霊媒仕事を頼んでくるようになる。死んだ子供たちとしゃべってみたいから手伝ってくれという話。んで、降霊会をやったら女たちの希望通りにオバケが出てくるんだが、これが悲劇を呼ぶのです。

トレイラー動画

Shadow Within trailer

感想

よかったところ↓

  • モーリス・デュモンを演じたローレンス・ベルチャーの子供らしからぬ演技がすごいとおもった。
  • 脚本のなかに子ネタ(メタファー的なもの)がいろいろあって、コオロギの話とか、おもしろかった。

すきじゃないところ↓

  • 特殊効果がショボイ。とてもショボイ。
  • 後半どどーんといくはずのところが、盛り上がりに欠ける。
  • モーリスのママがなにをやりたかったのか、結局、意味不明に終わったような。

モーリスのママはえらく厳しいんだけど、それにはなにか理由がありそうだなという印象を与えつつ進行するので、私はそのわけを知りたくて最後まで見たんだけど、結局、よくわからなかったですね。私が鈍いのだろうか。。

映画のなかで「パパの代わりも勤めなくちゃいけないから、つい厳しくしてしまう」というようなことをいっていたけど、あと双子の片割れが死んだことで悲しい思いをしているということもあるんだが、それだけでは説明つかないような。特に、写真屋のシーンがわからなかったです。

ちょっとネタバレ。

モーリスのママはモーリスに新しい服を買ってくれて、いっしょに町に散歩にいく。ママは上機嫌で「写真を撮ろう」といって写真屋に入るんだが、急にきげんが悪くなり、ヒスを起こし、家に帰ってきちゃう。そして写真家のオッサンがモーリスにくれたウサちゃんのぬいぐるみをとりあげ、引きちぎる。モーリスは泣くんだが、ママは「あなたにも愛するものを失うきもちがわかったでしょう!」とわめく。

このシーンの意味がわからない!双子の片割れ(ジャックという)が死んだのはモーリスのせいじゃないのにどうしてあんなことをいうのだろう。写真屋のオッサンが鼻唄をうたってて、それに気分を害したという風にも見えるんだけど。。。あの歌がなにか意味あるのだろうか?なんでなんで??だれかわかるひといたら教えてください。

ちょと後から追記。

双子の片割れが死んだのは、へその緒が首に巻きついたからといっていたが、まさか、ママは胎児のモーリスが兄弟を殺したと思ってたんだろうか?

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV8,007
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Shadow Within
別題: Ghosts
La sombra interior
制作年: 2007年
制作国: イタリア
公開日: 2007年10月25日 (アメリカ) (Thriller! Chiller! Film Festival)
2007年11月15日 (イタリア) (Festival Internazionale del Cinema di Salerno)
2009年8月18日 (オーストラリア) (DVD)
2010年2月25日 (ドイツ)
2010年5月25日 (アメリカ) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: The Shadow Within
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News