2009/2/18 (Wed) at 7:51 pm

映画|スコージ 災いをもたらす獣|Scourge

古い教会の焼け跡から太古の悪魔感染バケモノが表に出てきてウギャー!ロビン・ルドゥーニック・リンドラッセル・フェリアー。監督ジョナス・カステル。2008年。

スコージ 災いをもたらす獣 / Scourge DVDDVD画像

古い教会の地下に封印された悪魔というか、ウィルスというか、感染性のヤバいもんが表に出てきてわーわーする映画。これに感染すると異様な食欲に駆られてモリモリ食いまくり(ケーキとかドーナツとか)、白痴顔でクネクネ歩くようになる。目から流血しつつガオーとそこらへんのもんを襲う。口から異生物みたいなもんがグニューと出てきて、相手のおなかめがけてしゅーと動く。おへそから胎内に侵入するというへんな様式美を持つバケモノなのだ。

ロビン・ルドゥー演じるジェスとニック・リンド演じるスコットは同じ町に住む元恋人同士で、スコットのほうは犯罪者の息子で、地元のシェリフに「どーせおまえもわるもんだろ」と目のカタキにされてて、このシェリフちゅうのはジェスちゃんの伯父で(よくある!)、犯人と間違われて警察から追われるスコットくんが元恋人に助けてもらいつつ、謎解きをして化け物退治をしていくわけですね。

トレイラーこちらで見れます↓

※感想

19世紀の昔に遡ってなんだかんだと調べて、おーそーかへーそーかと調べて、怪物の弱点を見つけていくんですが、えらくトントン拍子で進みます。隠しアイテムの場所をすでに知っているような。「あ、これなに!」「なんだい?」「わ、わかったわ!こんどは○○を調べましょ!」みたいな。いちど全クリしたRPGゲームを最初からやってるような既視感覚にとらわれるというか。バケモノをペンチでひっつかんで、○○にドボンとつけちゃえってのがおもしろかったです。

SPOILER ALERT!!!!!
ネタバレ!

第一の犠牲者である消防士のバッジを発見 → 消防士が最後にいった現場は教会の焼け跡とわかってそっちに行く → 焼け跡で1871年5月4日の日付の文書を発見 →「corrigiaを封じ込めてどーのこーの」とワケワカメのことが書かれてある → 市の図書館に行く → 文書の日付と名前から Edward Norberg の事件を知る → Edward Norbergは19世紀の凶悪キラーで、カミナリにうたれて死んだと知る → Norberg という姓を電話帳で調べて遺族に会う → Edward Norberg の曾孫という老婆と面会 →「曾祖父は無実だった。彼はほんとはカミナリで死んだのでなく、生き延びてどっかに去った」と教わり、Edwardの所有物を見せてもらった。Edwardは世界中を旅してたらしい。→ 古文書を発見 → いま暴れているのはcorrigiaちゅうもんであると知る。さらにその弱点を知り、バケモノを捕まえるための道具(でっかいペンチみたいなの)をゲット。

というのがおおまかな謎解きの概要だが、探偵シーンがチンタラ続くというわけでなく、合間にバケモノがウギャーと襲うシーンがちょいちょい出てくるから飽きるということはない。古い本を読んで退治法がわかった↓

corrigiaに感染すると狂死するが、まれに救えることもある。感染者に電気ビリビリショックを与えると、ウガーと出てくるのだ。そしてcorrigiaはアルコールに弱い。おびきだして、でっかいペンチで捕まえて、アルコール漬けにすると封印できる。なんだそうである。

そうこうしているあいだにも犠牲者急増中。現在の感染者はデブの写真家である。ジェスとスコットはお色気作戦で彼をモーテルに誘いだした。椅子に縛って悪魔払いをやるみたいにcorrigiaをおびきだそうとしたけど失敗。スコットに感染しちゃう。ジェスをウガーと襲う。ジェスは電気スタンドの電球を割ってビリビリ攻撃。デブが持ってきたカメラのストロボがわんわん光る。corrigiaがグニョーと出てきて、すかさずペンチでヒョイとつかまえ、グニュグニュ動くバケモノをすったもんだしてようやくワイン漬けにした。ふぅ。スコットは死なずにすみました。

ところで、物語の中盤からジェスを尾行する謎の男がいたが、これが最後に正体を明かす。大昔からcorrigiaと戦い続けてきたおっさんは黒ずくめの格好で、片目である。片目のオッサンは動けなくなったcorrigiaを完全処分した。「まだほかにもいるんですか?」と聞いたら「もうほとんどいないはず。今回のは30年ぶりでした」とロシア訛りの英語で述べて去った。彼は人間なんだろうか。

おしまい〜。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV20,485
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Scourge
別題: Evil Inside
邦題(カタカナ): 『スコージ 災いをもたらす獣』
制作年: 2008年
制作国: アメリカ/カナダ
公開日: 2008年1月31日 (カナダ)
2008年2月10日 (カナダ)
2008年6月1日 (カナダ)
imdb.com: imdb.com :: Scourge
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News