2008/7/10 (Thu) at 10:38 pm

映画|パラサイト・バイティング 食人草|The Ruins

メキシコ古代遺跡の食人植物に襲われてウギャー。ジョナサン・タッカージェナ・マローン他。監督カーター・スミス。2008年。

パラサイト・バイティング 食人草 / The Ruins DVDDVD画像

若いアメリカ人カップル2組がメキシコでバカンス中。おきらく観光ムードで楽しんでたらば、親切ゲなドイツ人と友達になった。「ガイドブックにも載ってない古代遺跡があるんだヨ。秘境中の秘境です」と誘われた。喜んでホイホイついていったら、ジャングル奥深くに案内され、そこには小高い古墳みたいな(小さめのピラミッドみたい)遺跡があった。こりゃスゲーなーと感嘆し「いい思い出になるなー、ありがとう!」とかいってたらば、凶悪そうな原住民が現れ、包囲され、メンバのひとりが銃殺された。バカンスきぶんはブッとんだ!

謎の原住民たちはギャーギャーとわめいて、ヨソモノ闖入者に敵意ムキダシである。雰囲気的には「神のたたりじゃーーー!」みたいなこといってんのかなと思われるが、言葉が通じないのでわけがわからない。彼らは遺跡の頂上に逃げるしかなかった。

遺跡は赤い花が咲く植物で覆われていたんだけど、これが凶悪な補食植物なのであった〜。敵に包囲されてるから逃げられないし、そこにいたらひとりづつ食われちゃう。電話も通じない。ってわけで彼らは逃げることができるんでしょうか〜。

※感想

食人植物なんてエグいテーマのホラーはいまどき珍しい!昔はこういうホラーがよくあったけど、新作ではなかなかないですもんね。ふつうくらいにはおもしろかったけれど、ラストは脱力でした。でもまぁおもしろかったです。

Spoiler Alert !!!!
ネタバレ注意!!
ネタバレオッケーな方のみこの下をスクロールしてご覧下さい↓

カップルたちを遺跡に案内した謎のドイツ人のマティアスは、登場の仕方からして怪しく、目的があってカップルに近づいたっていう風に見えたんで、ホステルの案内役みたいなかんじできっとなにかあるんだろうと思ってみてたんだけど、結局彼も犠牲者のひとりであった。そのうち彼の死体が起き上がって、わっはっはーと襲ってくるんだろと思うじゃないですか。なんもなかったからなんだよーってかんじです。

画像

画像をもっと見る (6枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Ruins
別題: Las ruinas
As Ruínas
Les ruines
Ruiny
Руины
A romok
Lanetli topraklar
Rovine
Ruinen
Ta ereipia
Varemed
邦題(カタカナ): 『パラサイト・バイティング 食人草』
制作年: 2008年
制作国: アメリカ/ドイツ/オーストラリア
公開日: 2008年4月2日 (アメリカ) (Hollywood, California premiere)
2008年4月4日 (カナダ)
2008年4月4日 (アメリカ)
2008年4月17日 (ロシア)
2008年4月18日 (スペイン)
2008年6月11日 (フランス)
2008年6月20日 (イギリス)
2008年6月26日 (ドイツ)
2008年6月27日 (イタリア)
2008年12月4日 (オーストラリア) (DVD)
2010年2月5日 (日本) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: The Ruins
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News