2007/11/25 (Sun) at 8:19 am

映画|リーピング|The Reaping

悪魔崇拝カルトと戦う無神論者オンナ!神の天罰に怯える村人を救え!ヒラリー・スワンクアンナソフィア・ロブ他。監督スティーヴン・ホプキンス。2007年アメリカ。

リーピング / The Reaping DVDDVD画像

キャサリンは無神論者の大学教授だが、かつては熱心な信者だった。スーダンで熱心に布教活動をしてところ、娘と夫が殺されるという目に遭ったもんだからいまは神様なんか信じないのである。という彼女の過去トラウマが明かされつつ、ヘブンという田舎町の住人がやってきて「助けてください」と頼まれた。

川の水が血の色になっちゃったんだという。信心深い町の人たちは「神様の天罰じゃ〜」とチビリまくりであり、その現象が起きる直前にひとりの少女が兄を殺したことをきっかけにそうなったのであり、実際に少女が殺したかどうかはわからないんだけど、とにかく町の人たちはそう信じていて「少女のせいで町が呪われた」と大騒ぎになっちゃったもんだから、ここはいっちょう科学的な論拠を示してズバッと解決してくださいよというお願いであった。という話を持ってきたのは、ヘブンに住む学校の先生でダグという名前のまじめそうな男である。

キャサリンはアシスタントを連れて田舎に出張。いってみたらとてもきれいでかんじのいい田舎町だったんだけど、確かに川の水はまっかっかでじつにブキミ。と思ったらこんどはカエルの死骸が空から降ってきた!その後もオカルト騒ぎが続いて、これは聖書に載ってる『十の災い』ていうのにソックリだっていうんで人々はますます大騒ぎであり、彼らが悪魔の手先だと疑ってる少女のローレンちゃんはなんともいえずブキミ系であるからしてやっぱりコイツがワルモンなのか〜。ローレンちゃんが最後のクライマックスシーンでキャサリンにいう台詞↓

"How do I know what's real?"

Spoiler Alert !!!!
ネタバレ注意!!
ネタバレオッケーな方のみこの下をスクロールしてご覧下さい↓

町の人々全員が悪魔崇拝カルトだったのであり、ローレンちゃんはじつは天使だったというオチであった。このカルトでは「完璧な子供を得るために二番目にできた子供を殺す」という習わしがあるんだが「いつか彼らには殺せない二番目の子供が現れる、その子供は天使であり、その天使によって彼らは滅ぼされる」という言い伝えがあるそうな。だからこの町の住人は全員が長男または長女なのである。ふうん。そうだったのかー。んで、彼らは自分らではローレンを殺せないから、キャサリンに殺させようとするんだが、いろいろなんだかんだとあって正義は勝つのであった。ちゃんちゃん。

ラストでは敵を粉砕したキャサリンとローレンは母娘みたいな雰囲気になる。そこでローレンちゃんが「あなたのおなかの中に男の子がいる」と告げる。まだ真相がわからなかった時点で、キャサリンはカルトの一員のわるもんダグとナニしちゃう夢を見るというシーンがあったのだが、これはじつは夢じゃなかったのだと明かされて終了。

ラストでローレンちゃんがいった "the boy" の台詞はパート2に向けての伏線でしょうか。悪魔の子をみごもってしまったということ?でも第二子だから天使かも。ソレはないのかな。よくわかりませんが。それにしてもナニしたのが昨夜かな、ほんのちょっとしか日数が経ってないのに男女がわかるのか。さすが天使。

ところで映画ですが、パッとしないな。聖書デフォルメ系のフォークロア(かな?)を題材にした悪魔話ですが、ヒラリー・スワンクもアナソフィアちゃんもいいんですけれど「第二子を殺し続けるカルト」というのがピンとこなかった。そのセオリーの意味づけが不明である。第二子を殺すっていうのは、大昔の貧しかった時代の間引きの因習が根っこにあるのかなと思うのですが、いくら因襲臭い田舎町とはいえ、めしに困ってないモダンなアメリカの地方の町でこれが続いているという設定に違和感を覚えてしまった私は最後までノリ切れなかったよ。アメリカじゃなくてもっとミステリアスなロケーション、たとえばヨーロッパの聞いたことないような小さな国とか、アフリカの小国とか、そんな場所だったらかなりグッときたかもしれない。なんて思っちゃいました。好きなひと、すません。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

PV24,512
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Reaping
別題: The Reaping
Prueba de fe
Жатва
A Colheita do mal
A tíz csapás
As Pragas
Hasat zamani
I segni del male
Krvavá sklizen
Kuoleman sadonkorjuu
Lõikus
La cosecha
La moisson
Les châtiments
Oi deka pliges
Plaga
Rîpingu
Reaping
The Reaping - Dødens budbringer
The Reaping - Die Boten der Apokalypse
Zetva
邦題(カタカナ): 『リーピング』
制作年: 2007年
制作国: アメリカ
公開日: 2007年3月29日 (アメリカ) (Westwood, California premiere)
2007年4月4日 (スペイン)
2007年4月5日 (香港)
2007年4月5日 (アメリカ)
2007年4月6日 (カナダ)
2007年4月6日 (イタリア)
2007年4月18日 (フランス)
2007年4月19日 (オーストラリア)
2007年4月19日 (ドイツ)
2007年4月19日 (ロシア)
2007年4月19日 (韓国)
2007年4月20日 (イギリス)
2007年5月19日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: The Reaping
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News