2010/7/11 (Sun) at 11:29 pm

映画|レポゼッション・メン|Repo Men

人工臓器のローンを払えない人から臓器を回収するレポマンを描いた近未来SFアクション映画。ゴア殺傷シーンあり。原作はエリック・ガルシア著『レポメン / The Repossession Mambo (2008)』。ジュード・ロウフォレスト・ウィッテカーアリシー・ブラガリーヴ・シュレイバー。監督ミゲル・サポチニク。2010年。

レポゼッション・メン / Repo Men DVDDVD画像

医療が発達して、人工臓器だらけの近未来の話。

病気になったら最先端技術の人工臓器を移植すれば命は助かるのであるが、おそろしく高額である。だから一般人は、死にたくなければローンを組む。セールス担当の重役(リーヴ・シュレイバー)がニコニコ笑顔で出てきて「あなたの収入に見合った返済計画でいいのですよ。だから安心して。家族のためにがんばりましょうね」なんつって、契約書にサインさせられ、体が治ったのはいいが、いつかお金を払えなくなると恐怖のレポマン(取り立て人)がやってきて、問答無用。ダダーとブッ殺され、臓器は回収される。この企業はそれでガバガバと儲けているのです。

んで、ジュード・ロウはこのレポマンをやってて、いわばハイテク企業のウラの顔というか、ヨゴレ仕事を引き受ける役である。取り立て人と名乗っているが、実際の仕事は殺し屋。ダダーとブッ殺して、その場で体を切り裂き、手際よくブツを回収する。

という仕事を彼は長年やっているのだが、奥さん(カリス・ファン・ハウテン)にはウケが悪い。ヨゴレ仕事だから。「デスクワークに換えてもらってちょうだい!」といわれ続けてトホホであり、彼は奥さんのいうこともわかるんだが「でもおれはやっぱりレポマンなんだよなあ。こまったなあ」という人生の悩みを抱えていたところに、大事件が起きる。

取り立て屋だった彼が取り立てられる側に回ってしまう!そうなるといままで淡々とこなしてきたレポ稼業というものが、いかに冷血ワークだったのかという点をいまこそ思い知るのであり、深く懺悔をするのだが、ゆっくり後悔をしているひまはないのである。なぜなら彼は追われる身になったから。

ジュード・ロウの相棒レポマン役にフォレスト・ウィッテカー。冷血企業を代表する重役であり、ジュード・ロウのボス役にリーヴ・シュレイバージュード・ロウといっしょに逃げるヒロインカワイコちゃん(彼女は全身人工臓器だらけ!)にアリシー・ブラガ

ブレードランナーモドキの世紀末近未来を舞台にしたSFアクション映画。殺傷ゴアシーンあり。

トレイラー動画

Repo Men (2010) trailer

感想

私はダーレン・リン・バウズマンの『Repo! The Genetic Opera (2008)』が大好きなんですよ。あれはヨカッタ!『人工臓器のレポマン』という設定は同じなんだけど、お話の内容はぜんぜん違いました。あっちはオペラ仕立ての壮大な陰謀話で、こっちは、ま、なんちゅうか、わりと普通っぽいっていうか、まじめなお話だったですね。私はThe Genetic Operaの方が好きですけど、つまらないということはなかったです。

前半けっこうよくって、でも中盤になったらメロドラマになって「かったりーなー」と落胆しかけたんだが、ジョン・レグイザモ(なぜか彼はクレジットされていない)が出てきたところからガガーとおもしろくなり、最後になったら、アクションどどーん!殺傷ゴアシーンもなかなかのもんだったし、ラストのtwistもよかったし、まぁよかったんじゃないか!ぱちぱちぱち。というかんじで楽しめました。ジュード・ロウ、かっこいいですね。しゃべり方が移っちゃうよ。私、影響されやすいもんで。

それはよかったですが、問題はフォレスト・ウィッテカーです。彼はいろんな映画に出ているけれど、私、いつも思うのですが、あのもったいぶった大げさ演技はやっぱりイラッとする。イッちゃったような目つきで、うつろなシリアス顔をつくって、えらいタメタメの間をおいて、ぼそぼそっとしゃべるしょう?あー、またやってやがる。もっと普通にしゃべれないんですか、このひとは。いちいち暑苦しい!

文句はやめにして、よかった点を述べます。

ラストのクライマックスがいちばんの見どころなんでしょうが、私的にはですね、中国人モグリ医者のシーンが最高によかったですよ。子供が「オーイエー」っていうところ、何回見ても笑える(見た人はわかる)。はははははははははは。台詞がおもしろいし、音楽もおもしろいの。にたーりと笑う顔がおもしろくておなかがいたい。はははははは。

メロドラマは少なめにして、ああいうノリをもっとたくさん入れてほしかったなと私的には思うのですが。。。中国人子供の「オーイエー」のイッパツだけで、フォレスト・ウィッテカーのタメタメ長台詞の数千倍の破壊力がありました。あのちびっこが損失補填してくれたので、私は救われたのです。あの子はこの映画の隠れたヒーローですよ。いやほんと、まぢで。

子供といえば、ジュード・ロウの幼い息子がガミガミうるさいママをビリビリショックガンで気絶させちゃうところもよかったです。大人たちがかったるいメロドラマをやってるんだが、子供の方がkickassにキメてくれるなあとおもいました。

Memorable Quotes

Remy: What do I remember? I remember reading about a scientist. He had a thing for cats and boxes. Whe he'd do is take a cat and lock it in a box. And then, just to make things interesting, he'd also put this machine in there that released poison gas. Now, the scientist didn't actually know when the machine would release the poison and when it wouldn't. The only way he could tell for sure was to look inside the box. Here's the science bit. Until he opened it up, he figured the cat had to be alive and dead. See, if either one was possible, then both had to be possible, too.

Remy: How can anything be alive and dead at the same time?

Remy: No need for violence, miss.

Son: Why did the Romans stone people to death?
Remy: Cause they didn't have any guns.

Remy: He's gone to get more meat.

nurse: You got it for three more days, and then it's cold turkey.

Remy: It took me a while, but I think I finally understood why the scientist put the cat in the box. He was trying to tell us something. We're all alive. We're all dead. We're all that cat. But we have to make a choice. We either purr and lick ourselves and wait for the poison to put us down or we scream and scratch and claw our way right out of the top of that damn box.

Beth: Ask me about my lips.
Remy: What brand are your lips?
Beth: They're all me.

Chinese doctor: Nah, that's just my version of "Count back from 100." All right, baby, you're up.

Remy: The only way out of the system is to repo ourselves.

Frank: Yesterday's dreams are today's reality.

画像

画像をもっと見る (38枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

SF映画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Repo Men
別題: Repo Men
Потрошители
Los recolectores
Recuperatorii
Repo Men - Noutajat
Repo Men: Los recolectores
Repo Men: O Resgate de Órgãos
Repo Men: Os Cobradores
Repossession Mambo
Repozesshon Men
Repreneurs
Végrehajtók
邦題(カタカナ): 『レポゼッション・メン』
制作年: 2010年
制作国: アメリカ/カナダ
公開日: 2010年3月19日 (カナダ)
2010年3月19日 (アメリカ)
2010年4月1日 (ロシア)
2010年4月16日 (イギリス)
2010年5月27日 (オーストラリア)
2010年6月3日 (ドイツ)
2010年7月2日 (日本)
2010年7月14日 (フランス)
2010年8月6日 (スペイン)
2010年12月1日 (イタリア) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Repo Men
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News