2012/10/20 (Sat) at 1:59 pm

映画|エクシジョン|Excision

変人娘がどえらいことをやらかすホラー映画。というか、ジャンルにあてはまらない不思議なお笑い映画。アナリン・マコードトレイシー・ローズアリエル・ウィンター。監督リチャード・ベイツ・ジュニア。2012年。

エクシジョン / Excision DVDDVD画像

女子高生のポーリーンさん(アナリン・マコード)は変人娘である。

ガリガリ体型。顔にはブツブツ。いつもムス顔。愛想ゼロ。可愛げゼロ。これが『90210』のレギュラー女優とは到底信じられないブス女である。

見ためがブスであるばかりでなく、その根性も針金のようにねじくれ曲がっている。常に世の中をセセラ笑う彼女にとって、自分に向けられる嘲笑罵倒説教などは聞く価値のないたわごとであり、誰になにをいわれようが、その心は1ミリも動じない。

面と向かって悪口をいわれたら、素晴らしいタイミングで皮肉の弾丸を撃ち返す。相手の心にグサッ。うぐぅ、と言葉を失う相手の顔にニタ笑いを浴びせて勝利を宣言する。コメディ作家を脳内に飼っているのではないかと思えるほどにジャストミートである。映画を観ている私らは、あんた、脚本家になったらいいわ、といいたくなるであろう。

『思春期』という名の牢獄に生きる彼女にとって、皮肉とはすなわち自分を守るための防御壁なのだろうか。パパも、ママも、友達も、先生も、校長先生も、聖職者も、これすべて冷笑のネタである。だれも彼女に近づけない。

映画は、家族や学校を中心に、変人娘ポーリーンの日常生活が描かれる。彼女のママ(トレイシー・ローズ)は教育熱心なオバちゃんで、マーサ・スチュワートみたいな女である。理想のママを目指すママにとって、こんなできそこないの娘は到底許容しがたいのであり、ぶつぶつべちべちと文句をいい、彼女をCotillion classに強制連行したり、あーだのこーだのといろいろやるんだが、すべてだめである。

元ポルノスターでいまはマーサ・スチュワートなんて、おそろしく手強いママに思えるが、ポーリーンさんは微動だにしない。娘とママの溝は永遠に埋まらない。

ちょっと説明。Cotillion classというのは、子供たちがダンスや社交マナーを勉強するための課外授業みたいなものです。本式に社交デビューするイベントをDebutante Ballといいますが、これのプレリュードをCotillionという。転じて、Cotillion classてのがあって、そこで若い人がフォーマルな社交マナーを学ぶという趣旨ですが、こんなものは古くさいのでいまは廃れていると思っていましたが、南部ジョージアに住んでいる友達がいうには「こっちじゃまだあるよ」だそうであります。

さて、こんなポーリーンさんであるが、彼女は妹(アリエル・ウィンター)が大好きである。唯一の弱点といってよいであろう。妹はグレースちゃんといって、こちらはお姉ちゃんとは大ちがいの、素直でかわいいお嬢様であるが、じつは難病を患っており(cystic fibrosis)、危険な肺の移植手術をやらないと死んでしまうそうな。ポーリーンはこの妹をものすごくかわいがっていて、神様にお祈りをしたりしている。お祈りの中では「ママを殺してくれ」なんてこともいってるのだが。

変人娘ポーリーンの毎日は、闘いの日々である。本人的には、ジハードを遂行するムジャヒディーンであると自己分析しているのかもしれないが、そんな台詞はなかったので本人に聞いてみないとわからないが、心の奥底では、エロスとタナトスに彩られた死の回廊を歩く夢を見ている。

彼女は自分なりに死を規定し、死を凝視しているのではないか。死に接近すればするほど、エロスへの夢が狂おしく燃え盛る。思春期娘の心は不可解な迷路である。こんな不幸娘が愛する妹を守るため、どえらいことをやらかすのであります。

ポーリーンとママの間に入ってオタオタさせられる気弱なパパに、ロジャー・バート。ポーリーンと敵対するカワイコちゃんに、Molly McCookナタリー・ドレイファス。ポーリーンの口撃にたじたじの聖職者に、ジョン・ウォーターズ。ポーリーンが処女を捧げるdumb男に、ジェレミー・サンプター。先生役に、マルコム・マクダウェルマシュー・グレイ・ガブラー。校長先生に、レイ・ワイズ

といったみなさんが登場します。あとさ、かわいいナワトビ娘が出てくるんだが、名前がわからないです。あれはなんてひとですか。

トレイラー動画

Excision (2012) trailer

感想

アナリン・マコードってただのチャラチャラしたネーチャンだと思っていましたが、ずいぶんと演技派だったのですね。私はなんの前知識なく『Excision (2012)』を観たのですが、どうせネーチャンがギャーギャーわめくいつものヤツだと思っていたんですけど、ぜんぜんちがってた。びっくりした。

かなりおもしろかったですが、ホラー映画といえるかどうか。これはお笑いホームドラマのほうが適切ではないか。変人娘がゴアゴアの夢を見ているとか、最後10分にショッカーなシーンがあるという点を除けば、会話ばかりですから。

最初の方で、ポーリーンさんが聖職者のオッサンをやりこめるところ、私、あのフックでグイと釣り込まれました。彼女にとっては人生というものすべてが『gut-wrenching agony』に満ちているのだな、という点がよくわかったから、あのシーンは効果的だったと思う。

リチャード・ベイツ・ジュニア監督はこれが長編デビューみたい。今後も楽しみです。この映画は、女性の視点で見たらすごく違う感想が出てくるのではないか。男ってこういう風に女を見てるんだよね、とかなんとか、私ら男には思いつかない感想などを聞いてみたいものです。

お洒落な映像のゴアシーンがしゃらくさい、という点が私的にマイナスですが、それは大した傷でなく、総じてオッケー。おもしろいもんをみた。よかったよかった。

DVDのオマケ

オマケはコメンタリとメイキング↓

  • Audio Commentary
  • Behind-The-Scenes

このDVDは英語字幕つき↓

Memorable Quotes

Pauline: Can you contact an STD from having sex with a dead person?

Phyllis: Tell me two things about your day or I'm gonna hit the truth horn.
Pauline: Fuck the truth horn.

Reverend William: What's the matter Pauline?
Pauline: What's the church's stance on organ donations?
Reverend William: Well, it's a touchy subject. Here we believe the body is temple.
Pauline: And what if I told you I found the resting place of Jesus Christ in my backyard and that with just a few advances in science and technology, I could resurrect him myself.
Reverend William: I'd say that you're a very troubled little girl.
Pauline: I only want you to endure the same gut-wrenching agony during these sessions that I go through every single Sunday listening to your sermons.

woman: I'm not dumb. I'm deaf. You can speak normal.
Phyllis: Sweetheart, don't be confusing. You know I can't understand a thing when you start waving your hands around like that.

woman: Being in the same room with you and your daughter, I'm actually grateful for my hearing loss.

Pauline: I'm ready to lose my virginity. It's a common misconception that having intercouse during menstruation is unhealthy. When I lose my virginity, I want to be on my period.

Phyllis: Bob, be honest. Am I being too hard on Pauline?
Bob: You both have your moments.
Phyllis: I'm not becoming my mother, am I?
Bob: Honey, if you were becoming your mother, I wouldn't be filing bills right now, I'd be filing for a divroce.

Phyllis: We're sending your sister to CF camp.
Pauline: What did she do?
Phyllis: Cute. Last summer, Gracie had the time of her at CF camp, didn't you, honey?
Grace: Everyone has the disorder, so I fit right in.

Grace: You know what the worst thing is about cystic fibrosis?
Bob: What's that, sweetheart?
Grace: When your friends die.

Pauline: Dear God, in regards to my sister, while I might not show it all the time, I love her. Please allow me to do everything in my power to cure her. And lastly, my mother. Kill her. Kill her before she can make me attend those horrible Cotillion classes. You'll probably want to make it painless. I get it. That's your thing. But hear me out. A little pain never hurt anyone. Besides, you can always just blame it on the devil.

Pauline: I'm gonna get married one day. To a black guy.
Phyllis: Well, don't expect for him to be faithful. African-Americans are notorious adulterers. Don't look at me like that, Bob! Well, they are.

Phyllis: Pauline, you're gonna look beautiful.
Pauline: I know I can be a bit of a demented bitch sometime. But you still love me, right?
Phyllis: Of course, I do. Oh, God, you're getting a cold sore!
Pauline: Jesus, Mom, show some tact!
Phyllis: It's okay. We just won't do the pictures.

boy: The girl with herpes on her face kissed me! Does that mean I'm gonna have herpes on my face, too?

Pauline: I'm full, and I don't need any more calories. We can't all use menopause as an excuse for weight gain.
Bob: I think you look great.

Pauline: Dear God, I've had a lot on my plate recently. Last week I had sex for the first time. My little sister is slowly dying. And my mom, as I'm sure you know, is a total bitch. I'd accept full responsibility for all my actions, but let's face it, you gave me hormones.

Pauline: You okay?
girl: I'd rather be at home with a good book.
Pauline: Well, that makes two of us. What do you think boys see in all these overly made-up cumdumpsters?
girl: I wouldn't know. Boys don't talk to me unless they need help with their homework.
Pauline: Have you ever thought about having work done?

Pauline: Sounds like you joined the right book club... a few years too late.

画像

画像をもっと見る (62枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Excision
別題: Excision - Viiltävä nuoruus
Excision
Kamasz a pokolból
Chirurgiczna precyzja
Экстирпация
制作年: 2012年
制作国: アメリカ
公開日: 2012年1月21日 (アメリカ) (Sundance Film Festival)
2012年9月12日 (フランス) (L'Étrange Festival)
2012年9月18日 (フランス) (Festival Européen du Film Fantastique de Strasbourg)
2012年10月16日 (アメリカ) (DVD & Blu-ray発売)
2012年10月29日 (フランス) (Samain du Cinema Fantastique)
2012年11月2日 (イギリス)
2012年11月3日 (スペイン) (Festival de Cine de Terror de Molins de Rei)
2012年11月9日 (オーストラリア) (Monster Fest)
imdb.com: imdb.com :: Excision
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News