2012/10/13 (Sat) at 1:00 pm

映画|クリーパーズ・キラーズ 悪魔のまなざし|Rosewood Lane

美人女医が新聞配達少年にストーキングされてヒーヒーするホラー映画。ローズ・マッゴーワンレイ・ワイズ。監督ヴィクター・サルヴァ。2011年。

クリーパーズ・キラーズ 悪魔のまなざし / Rosewood Lane DVDDVD画像

ソニーさん(ローズ・マッゴーワン)は、ラジオで人生相談をやってる美人の精神医である。ある日、彼女の父親が階段から落ちて死亡。家は空き家になった。その後、まもなく、彼女はその家に引っ越してくる。

友達のみなさんは意外に思う。なぜなら、ソニーさんは、子供時代、父親にヒデー虐待をされていたからである。忌まわしい過去を思い出させる家になぜわざわざ住むのであるか、という点が不思議であるが、なにか複雑な思いがあるようです。

男友達(ソニー・マリネリ)に荷物運びを手伝ってもらって、引っ越しを終え、ご近所さんに挨拶をしたらば、隣の老人(ランス・ハワード)がへんなことをいう。「あれと関わらんほうがええ」という視線の先には、自転車に乗る新聞配達少年がいた。少年というか、10代後半で体格は大人です。

なんであの子が?と不思議に思われるのだが、やがてまもなく、ソニーさんは老人の言葉の意味を理解する。まずは新聞の勧誘にやってきて、その態度がじつに横柄なので「要らない」と断った。ところが、そいつはなにを考えているのか知らないが、家の周りを徘徊して覗き込んだり、果ては、留守中に無断侵入し、置物の位置を変えたりする。ストーキングですな。

やることがいちいち陰険で執拗であるからして、サイコパス気質であることがうかがえる。彼女がこわがるのを見て喜んでいるような雰囲気だが、それだけではなく、もっと深い理由があるのかもしれない。憂鬱になるソニーさん。

友達男に相談したり、警察に駆け込んだりとジタバタするのであるが、事態は改善せず。それどころかますますエスカレートする。無能な刑事コンビ(レイ・ワイズトム・タランティーニ)は「未成年者だから」だのなんだのと、言い訳をするばかり。頭にくるソニーさん。

『Dexter』ファンにはおなじみのローレン・ヴェレスが、ソニーさんがやってるラジオ番組のプロデューサーで、レズビアン片想い女というへんなroleを演じています。

トレイラー動画

Rosewood Lane (2011) trailer

邦題『クリーパーズ・キラーズ 悪魔のまなざし』

この映画は邦題『クリーパーズ・キラーズ 悪魔のまなざし』にて、2013年8月2日、DVDが発売予定だそうです↓

感想

ローズ・マッゴーワンが出てれば幸せというひと向け。

どいつもこいつも役立たずなのでいらいらしました。ソニー・マリネリはソニーさんの男友達なんだが、彼はDA(District Attorney = 検察)に勤めているんですよ。それなのにまったく役立たずでさ、やたらめったら「おれがノシてやるぜ」とかなんとかバカみたいな台詞をいうのですね。そのくせにすぐにやられちゃうの。バカだなあ。

刑事コンビも役立たずだし、ローレン・ヴェレスはひとりで酒を飲んで、レズビアン・ドラマクイーンになっちまって、ピーピー泣いているし。へんな映画だったなあ。

この不気味少年は無断侵入を繰り返してそのたんびにヒョイと逃げていくんだが、あのような場合、警備会社にお願いして、ドアや窓を特別仕様にするとか、防犯カメラをつけてもらえばいいじゃんね。なんでそうしないのだろう。どうして誰もそれを勧めないのだろう。あー、もういらいらするー。

少年が彼女につきまとう理由が気になって最後まで観てしまいましたが、かつて少年と彼女の父親に因縁があったことなどはわかりましたけれど、どうして彼女にいぢわるをするのか、その点は明かされずに終わってしまいました。最後にtwistがあるんだが、そう大したもんでもなく、だから、もう、私、いやになってしまいました。

役立たず刑事はこう死ぬレイ・ワイズ / Ray Wise 画像

DVDのオマケ

このDVDのオマケはメイキングのみ。英語字幕つき。

画像

画像をもっと見る (27枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Rosewood Lane
別題: Rosewood Lane
A Vila do Medo
La casa de Rosewood Lane
邦題(カタカナ): 『クリーパーズ・キラーズ 悪魔のまなざし』
制作年: 2011年
制作国: アメリカ
公開日: 2011年10月15日 (アメリカ) (ScreamFest)
2012年3月17日 (スペイン) (TV初オンエア)
2012年3月24日 (ドイツ) (Fantasy Filmfest)
2012年5月24日 (オーストラリア) (DVD)
2012年7月5日 (ロシア)
2012年9月11日 (カナダ) (DVD & Blu-ray発売)
2012年9月11日 (アメリカ) (DVD & Blu-ray発売)
2012年10月18日 (ドイツ) (DVD & Blu-ray発売)
imdb.com: imdb.com :: Rosewood Lane
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News