2011/7/4 (Mon) at 9:39 pm

映画|オーファン・キラー|The Orphan Killer

孤児のマスクキラーだ!ゴアゴアどんどんブッ殺せ!インディーズ・スラッシャーなホラー映画。US版ながら日本語字幕つき。ダイアン・フォスターデヴィッド・バッカス。監督マット・ファーンズワース。2011年。

オーファン・キラー / The Orphan Killer DVDDVD画像

ミニスカ網タイツのお色気ネーチャンが登場。彼女はオードリーさん(ダイアン・フォスター)という。

ストリッパー嬢のような外観に似合わず、このネーチャンは教会付属の学校に勤務する教師である。んで、この学校には因縁の過去話があるんですな。こんなの↓

その昔、この学校は孤児院だった。当時、マーカス・ミラーていう暴力子供とその妹がいたそうな。マーカスはしょっちゅう暴れるもんで、先生やシスターは「悪い子ザマス!」つって、怒って、水責め体罰をやったりしたんだが、ますます荒れるばかりだった。妹の方はかわいらしい少女だったもので、こちらはやがて引き取りの申し出があり、優しいおじさんに気に入られてもらわれていった。これに怒ったマーカス少年はガガーとみんなをブッ殺したらしいよ。

という話であるが、これにはオマケがあって、そのマーカスの妹てのが、お色気教師のオードリーさんなのであった。

長年の時を経て、大人になったマーカス(デヴィッド・バッカス)がマスク姿でジャジャーン!みんなをスラッシャー惨殺!オーイエー!

マーカスは暴力少年だったとはいえ、妹にだけは優しかったんだが、いまはその妹が憎くてたまらない。兄を置いて自分だけ幸せになりやがってくそったれめ!と思ってるんですな。恨み骨髄で妹の周囲の人物をブッ殺し、最後はオードリーをとっつかまえ、吊るすわ、切るわ、刺すわ、散々ヒデー目に遭わせるのです。うりゃうりゃ苦しめ苦しめ苦しめ死ね死ね!

フラッシュバックが出てきて、マーカスとオードリーが孤児院にきた経緯やら、どうしてマーカスが狂っちまったのであるか、という点が明かされつつ、彼はジャンジャカとブッ殺す。オードリーさんの恋人役で、マット・ファーンズワース監督も登場します。

トレイラー動画

The Orphan Killer (2011) trailer

感想

ゴアスラッシャーが見てーんだよ!というひと向け。

新味ゼロのよくあるヤツ。

ダイアン・フォスターが演じたオードリーさんの絶叫演技がたいへんよかった。頭に鉄トゲをぐるぐる巻かれるわ、足に千枚通しを刺されるわ、ナイフでズタズタ切られるわと、ヒデー目に遭わされてギャーギャー泣きわめくんだが、最後はファイトイッパァアアアーツ!うおぉおおおおりゃああああ!と叫んで怒濤の反撃をします。『捨て身の反撃をする泣きわめき女』フェチならたまらない!

こんなネーチャンがThe Orphan Killer 画像

こんな顔になるよ!The Orphan Killer 2画像

ゴア特殊効果の出来は中の上くらい。首チョンパやら片腕切断やらいろいろあるが、いちばんオッと思ったのは、有刺鉄線で手首を縛られたネーチャンが必死でジタバタする場面かな。もう痛いとかいってられませんヨ!てかんじで、ぐじゅぐじゅやって、血塗れになって、なんとか手首を自由にしようとするの。すごく痛そうだったなあ。

てわけで、ネーチャンもゴアゴアもよかったんだが、肝心のキラーのマーカスさんの役づくりが少々ヌルかったのではないか。彼は凄惨な手法で何人もブッ殺して、その度にドバーとチシブキを浴びているんだが、次のシーンになると、手と顔以外にはぜんぜん血がついてないの。想像するに、撮影の日程の都合上、そうなっちゃったのかなあ。ここらへんはインディーズ映画のいいかげんさが如実ですなあ。でも、ま、細かいことはいいや!

彼はジェイソンとかマイケル・マイヤーズとか、ホラーの定番キラーを足して割ったみたいなヤツなんだが、おそらくマイケル・マイヤーズに一番似てると思われ。妹がどうとかですね。でも、あれほどの邪悪オーラはなかったなあ。マスクをしているから目しか見えないんだが、全体的に線が細いんですな。もっとこう、ぐわーんと迫りくるようなこわさがあったら、なおよかったんじゃないのかなあとおもいました。

欠点だらけで雑なつくりなんだが、やったれやったれ感がある。そういうの好きな方にはおすすめ。

DVDのオマケ

特典映像はゼロだが、DVDを買うとサウンドトラックのオーディオCDがついてきます。ギャーギャーうるさい曲ばかりですが。

さらに、この映画のDVDは、US製ながら、スペイン語/フランス語/ドイツ語/イタリア語に加え、なんと日本語の字幕がついているんですよ。たまにへんな翻訳だったり、直訳気味だったりするんだが、さほど問題にはならないとおもいます。だいたいの意味がわかればオッケーの映画ですから。翻訳の精度をどーこーいうより、こういう努力をするというのがえらいじゃないですか。

ちょと翌日追記。翻訳についてですが、google translatorレベルではないですよ。ほとんどストレス感じずに見れると思う。たまに「あれ?」ってところがあるくらい。追記以上。

DVD/Blu-rayはFacebookのページ内のオンラインストアでのみ販売中↓

公式サイトやらTwitterやらFacebookやら↓

この映画はFacebookでじわじわと話題が広がってきたということらしいです。なかなかのインディーズ力作であった。

ENJOY YOUR RIDE!!!

画像

画像をもっと見る (58枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: The Orphan Killer
別題: Sibling: Marcus Miller the Orphan Killer
The Orphan Killer
制作年: 2011年
制作国: アメリカ
公開日: 2011年10月2日 (アメリカ) (Shriekfest Horror Film Festival)
2011年10月13日 (スペイン) (Sitges Film Festival)
2011年10月28日 (スペイン) (San Sebastián Horror and Fantasy Film Festival)
2011年10月31日 (イギリス) (Bram Stoker International Film Festival)
2011年11月6日 (スペイン) (Festival de Cine de Terror de Molins de Rei)
2011年11月11日 (イタリア) (ToHorror Film Festival)
imdb.com: imdb.com :: The Orphan Killer
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1542)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News