2011/4/3 (Sun) at 12:39 am

映画|ブラック・スワン|Black Swan

ナタリー・ポートマンがバレリーナを演じる話題作スリラー映画。ナタリー・ポートマンヴァンサン・カッセルミラ・クニス。監督ダーレン・アロノフスキー。2010年。

ブラック・スワン / Black Swan DVDDVD画像

ニナさん(ナタリー・ポートマン)は、元バレリーナのママの惜しみない愛情を受け、バレエ一筋の踊り子人生、くる日もくる日も厳しいレッスンに励んできたのであったが、ついに、このたび、『白鳥の湖』の主役、スワン・クイーンに抜擢され、感涙にむせぶ。

つ、ついに、やったわ!わたしってば、クイーンなんだわ!

人生のすべてをバレエに捧げる彼女にチャラチャラしたボーイフレンドなんかいるわけはないので、主役ゲットのニュースを聞いたらすぐにママに電話するというくそまじめぶりである。心温まりますなあ。

さて、主役になったからには、これまでにも増して厳しい特訓が待っているのであるが、演出家のトーマさん(ヴァンサン・カッセル)は、彼女の能力をさらに磨く特訓をやるんだが、彼がいうには、

「ホワイト・スワンはそのままで文句なし。合格。問題はブラック・スワンなんだよな。君の踊りはくそまじめすぎて、ブラック感がないの。もっと観客をソノ気にさせる、小悪魔の、悪女の表現力をつけないとだめ」

という話で、ご存じない方のために簡単にいうと、『白鳥の湖』の主役ダンサーは、ホワイト・スワン、すなわち、魔法で白鳥に姿を変えられてしまった純潔カワイコちゃんと、ブラック・スワン、すなわち、王子様をだまくらかす悪女の、両方を演じなければならないのである。

こんな真逆のふたつのキャラをひとりで表現しなければならないから、スワン・クイーンを演じるダンサーは、卓越した表現力が求められるのです。

彼女はなにしろくそまじめなので、トーマさんにそういわれても、涙目で「ご、ごめんなさい」なんて優等生の発言をしてしまうので、ますますだめである。演出家としては、もっとこう、バーンと弾けて、血と肉が沸き上がるような演技をさせたいんだが、彼女はその意味がわからなくて、苦労する。

そうこうやってるうちに、ノイローゼ気味になってきて、奇怪な幻視を見るに及び、ヘロヘロになってきて、こんなことで主役の座がつとまるのであるか。本当に彼女はスワン・クイーンになれるのであるか。と観る者をやきもきさせつつ、本番の幕が上がるのであります。

ニナさんを応援するママ(ちょっとキチガイぽい)にバーバラ・ハーシー。ニナさんのライバル踊り子にミラ・クニス。ニナさんと踊る相手役にバンジャマン・ミルピエナタリー・ポートマンのカレシ)。といったみなさんが出演します。

トレイラー動画

Black Swan (2010) trailer

2011年5月公開予定

邦題『ブラック・スワン』にて、5月に劇場公開予定。詳しくは公式サイトでどぞ↓

感想

スポ根ものの少女マンガみたいな映画でした。ナタリー・ポートマンはさすがナタリー・ポートマン(アカデミー賞主演女優賞!)というかんじで良くできているとは思うけれど、当ブログ的には、お上品すぎるんじゃねーのといいたくなるような。。

ヴァンサン・カッセル演じるトーマさんは、くそまじめ踊り子のニナさんに悪女的な表現力をつけさせようと、びっくりするようなことをやるんだが、いきなりブチューとかしたりするんだが、ここらへん、私やあなたが普段見ているようなゲスな三文ホラーなら、デブで汗臭くて醜男のインチキプロデューサーが出てきて、問答無用でレイプされる。泣き崩れるニナさん。そして狂うニナさん。という展開で決まりなんだが、そんなことにはならないんですよ。

あー、これは冗談ですが、そんなゲス話をやれとはいいませんが、トーマさんがサラッとしすぎじゃないかなあ。彼はニナさんに「もっとエロイ演技をするのだ」みたいなことをいってセクハラまがいのことをやるんだが、あれを見ていたら、そういうあんたもお上品すぎるよ、とおもったよ。

ヴァンサン・カッセルさんは昔『ドーベルマン』という映画で、それはそれはギンギラギンの、圧倒的な危険な香りぷんぷんの、ギャング男を演じていましたけれど、私はあのイメージが強くてですね、中年になってもああいうギラギラ演技でやるのかなと期待したんだが、ぜんぜんちがってた。天才演出家。一歩間違ったら狂人。こんな彼を見たかったのに。

昔、モーリス・ベジャールの稽古場の風景のビデオを見たことがありますけど、それはそれはおっそろしく存在感のある調子で振り付けをやってて、すげえもんですなあとびっくりしましたけれど、ああいう芸術家オーラを出しまくるヴァンサン・カッセルさんてのを見たかったですなあ。

ぶちぶち文句を書きましたけれど、ラストはぐわーんと盛り上がってなかなかのもんだったです。ナタリー・ポートマンの「これでわたしはかんぺきだああああ」という満足台詞はよかった。あのひとことがあるから、ニナさんという一途なキャラがブレてないように思えて、よかったですね。

ところで、この映画では、ナタリー・ポートマンのボディダブルを演じたバレリーナさんがあとからうだうだとゴシップネタを暴露して話題になりましたけれど、くだらないですなあ。どれだけ本人が踊っていたかなんて、そんなことを気にするひとって多いのかな。

私は映画が上手につくってあればぜんぜん気にならないです。でも、明らかにボディダブルだなってのがわかってしまうと、がっくしします。この映画だと、ダンスのシーンよりも、ヴァンサン・カッセルにエッチなことをされるシーンがボディダブル臭いんで(実際どうなのかはわかんないけど別撮りのように見える)、ちぇっ、とおもいました。ナタリーめ、チチくらい揉ませろ。

あー、ダンスのシーンはですね、私には『ピラニア (2010)』の水中バレエの方が奇麗だなっておもいましたよ。わははは。いやー。私、こういう高尚なもんを見る目がないんだなと。

DVDのオマケ

私が持ってるのは、先月発売されたUS版のDVDで、オマケはこれだけなんだが↓

  • Metamorphosis: A Three-Part Series
  • A behind the scenes look at the filmmaking process from Darren Aronofsky's visionary directing, to the physically-demanding acting, to the stunning special effects

Blu-rayだともっとイロイロ入っているそうです。

画像

画像をもっと見る (50枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Black Swan
別題: El cisne negro
Cisne Negro
Crni labud
'Le Cygne Noir'
Черен лебед
Чёрный лeбедь
Barbur shahor
Black Swan
Cerná labut
Cierna labut
Cisne negro
Czarny labedz
Fekete hattyú
Il cigno nero
Juodoji gulbe
Mavros kyknos
Melnais gulbis
Must luik
Shavi gedi
Siyah Kugu
邦題(カタカナ): 『ブラック・スワン』
制作年: 2010年
制作国: アメリカ
公開日: 2010年9月1日 (イタリア) (Venice Film Festival premiere)
2010年9月5日 (アメリカ) (Telluride Film Festival)
2010年9月13日 (カナダ) (Toronto International Film Festival)
2010年10月18日 (アメリカ) (New Orleans Film Festival)
2010年10月22日 (イギリス) (London Film Festival)
2010年10月27日 (アメリカ) (Austin Film Festival)
2010年11月4日 (アメリカ) (Virginia Film Festival)
2010年11月11日 (アメリカ) (AFI Film Festival)
2010年11月13日 (アメリカ) (Denver International Film Festival)
2010年11月19日 (アメリカ) (Saint Louis International Film Festival)
2010年11月30日 (アメリカ) (New York City, New York premiere)
2010年12月3日 (カナダ) (Toronto)
2010年12月3日 (アメリカ) (limited)
2010年12月10日 (カナダ) (limited)
2010年12月17日 (アメリカ)
2011年1月20日 (オーストラリア)
2011年1月20日 (ドイツ)
2011年1月21日 (イギリス)
2011年2月9日 (フランス)
2011年2月10日 (ロシア)
2011年2月18日 (イタリア)
2011年2月18日 (スペイン)
2011年2月24日 (香港)
2011年2月24日 (韓国)
2011年5月13日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: Black Swan
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
セット制作
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News