2010/4/30 (Fri) at 7:35 pm

映画|トニー|Tony

無能男シリアルキラーの、無能かつ無気力かつ無目的かつ無生産な生活ぶりを描いたホラー映画。from UK。ピーター・フェルディナンドリッキー・グローヴァー。監督ジェラード・ジョンソン。2009年。

トニー / Tony DVDDVD画像

トニーは無能男である。無職。貧乏。友達ゼロ。みためは安サラリーマン風。貧相なチョビヒゲ顔。小さなアパートにひとり暮し。どこから見ても無能ナンバーワン。貧乏神が服を着て歩いているという雰囲気である。てか、貧乏神でも「人を貧乏にする」という仕事があるけれど、彼の場合はなんにもない!だから貧乏神以下の無能な存在である。

町をぶらぶら。彼はアクション映画(シーガルとかヴァンダムとか)が好きなので、ストリートで海賊版DVDを売る子供に「ぼくはビデオデッキしか持ってないんだけど、いいアクション映画のビデオある?」と声をかけるが、完全シカトされる。

次に、バーにいく。盛大な夫婦喧嘩を目撃。妻を相手に怒鳴り散らしていたデブ男がトニーを見てイラッとする。「もんくあんのかコノヤロ」と因縁をつけられるが、店主が助けてくれたと思ったら、なぜかトニーの方が店から放り出される。それだけ軽く見られているということである。

んで、次に、電話ボックスでエッチなチラシを見てスケベ心を出し、コールガールを注文しようかと思ったら、オカマしかいないといわれて落胆する。

そこにチンピラ2名が襲来する。「電話使わせろボケカス」と追いだされ、またいぢめられるのかと思ったらそういうことはなく、トニーはチンピラたちがどっかに電話してヤクを買おうとしているらしいと気づくと「ぼくも買いたいからいっしょに注文させてください」とお願いする。

どうせチンピラにダマされ、金を取られ、ブン殴られておしまいなんだろうなと思ったら、意外にもチンピラのアニキ格は「トニーちゃんもついておいでヨ」と優しげであり、彼もいっしょに売人のすみかについていく。そこでヤクを手に入れたあと、トニーはふたりをじぶんちに招待する。

チンピラどもはよっこらしょうとソファにふんぞり返ってさっそくヤクを試すが、トニーはやらせてもらえない。やっぱりダマされたのかな。が、彼は友達ができたのがうれしいのか、ビールを飲ませたり「ヴァンダムの映画みる?」と空気の読めない発言をしてチンピラ子分を「うっせーよ」といらつかせるんだが、ここでもチンピラアニキは「まぁおちつけ。ヤクをやればハッピーになるから」といってなぜかトニーの肩を持つような調子である。なんかおもしろい。んで、結局、トニーはヤクをさわらせてもらえず、チンピラふたりはぐーぐーいびきをかきだす。

トニーはやにわギロリと顔つきが変わり、チンピラ子分の顔にビニルをかぶせ、手馴れた調子で窒息死させる。てわけで、この気弱男はじつは世にもおそろしいシリアルキラーだったという映画。

トレイラー動画

Tony trailer

感想

トニーくんはひたすら無能です。虚無の世界に生きてる無気力男。働く気なし。彼女をつくる気もなし。職安みたいなところで「あんた、トイレ掃除くらいはできるでしょ?はたらくきあんの?」とかいわれるんだが「ぼかあ、このままでいいです」と答えていました。

彼の唯一の趣味は時代遅れのVHSデッキでハリウッドのアクション映画を観ることなんだが、その合間にエロ本を見てたりする。むっつりスケベですね。ときどき娼婦を買いにいくんだが、トンチンカンな質問をして娼婦を怒らせ、エッチできずに家に帰ってくる。他人とコミュニケーションする能力が著しく欠けているみたい。つげ義春の漫画の主人公でももう少しなにかやってましたけどね。もうとにかく無生産で無気力で無感動で無目的。空気吸ってるだけの男。無!

んで、そういう生活の合間にときどきひとを殺すんだけど、それは快楽のためにやってるわけではなく、邪魔だったから殺した、それだけ、みたいなかんじでした。

無気力キラーを演じたピーター・フェルディナンドはいい雰囲気で、いくつかのシーンはおもしろかったですが、映画は全体的に地味地味で、彼がガオーとひとをブッ殺すシーンはとても少なく、ほとんどは無能な生活が淡々と描かれるだけなので、好みがわかれるのではないかなあとおもいました。私的にはまぁわるくはなかったですが。へんなものすきなひとはどうぞ。

ジェラード・ジョンソンという監督さんはimdbによれば、過去にひとつショートフィルムをつくったのがあるだけで、実質的にこれがメジャー監督デビューってことらしいです。一部では「スゲー!おもしろい!」と賞賛されているみたいです。今後もひたすらこの調子で突き進んでいくんでしょうか。

画像

画像をもっと見る (7枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: 洋画』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Tony
別題: Tony - London Serial Killer
Tony: London Serial Killer
Tony: En seriemördare i London
制作年: 2009年
制作国: イギリス
公開日: 2009年6月18日 (イギリス) (Edinburgh International Film Festival)
2010年1月 (アメリカ) (Slamdance Film Festival)
2010年2月5日 (イギリス) (limited)
2010年2月8日 (イギリス) (DVD)
2010年8月21日 (ドイツ) (Berlin Fantasy Filmfest)
2013年12月10日 (フランス) (DVD)
imdb.com: imdb.com :: Tony
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
Makeup
謝辞
  • トニー - 夫婦でブログ!

    ザ・ザことマット・ジョンソン、'00年「ネイキッドセルフ」というオリジナル・アルバムをリリース以降、 なんと!かる〜く10年程、新譜をリリースしていませんでした。     そして、ようやく出された新譜はなんと!サウンドトラック!!       ...

    2011/12/15, 11:29 PM

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1533)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News