2010/8/15 (Sun) at 12:05 am

映画|ホスピタル・オブ・ザ・デッド 閉ざされた病院|Patient X

伝説魔物のバケモノに襲われて病院にたてこもるみなさん!フィリピンのホラー映画。リチャード・グティエレスクリスティーン・レイエスTJ・トリニダードミリアム・キャンバオ。監督ヤム・ララナス。2009年。

ホスピタル・オブ・ザ・デッド 閉ざされた病院 / Patient X DVDDVD画像

小さな男の子がママといっしょに家に帰ったら、ならず者ギャングどもが侵入していた。おそるおそる家に入ったらそこらじゅう血塗れ惨劇のありさまで、お兄ちゃん(小学6年生くらい)がナイフを手に必死の抵抗をしているところだった。侵入者たちはお兄ちゃんをなぶり殺す。んで、な、なんと、ヤツラはお兄ちゃんを食った。皆殺し全滅。男の子だけが生き残った。

年月が経過。

男の子は大人になった。ルーカスくんという(リチャード・グティエレス)。ルーカスくんは医者になってまじめに働いていたところ、生まれ故郷の警察から連絡があり「あんたの家族を殺したヤツが捕まった」との知らせを受けた。彼は故郷に帰る。

十数年前と同じ惨劇が再び起き、そこで捕まえた犯人が昔の犯行を自供したということであった。病院の地下に監禁されているという。捕まってから一切の食事を拒否しているそうな。水さえ飲まないという。ルーカスくんは案内されておそるおそる監禁部屋に行く。

いったいどんな凶悪シリアルキラーであるかと思ったら、なんと、そこにいたのはアイドル顔のカワイコちゃん(クリスティーン・レイエス)であった。汚くてズタボロのありさまで、なにか皮膚病に罹っているのか顔がぐにょぐにょしているんだが、そこにいるのは弱々しい女である。女は「わたしがあなたの家族を殺しました。ごめんなさいいいいいい」と泣くのであった。地元の刑事(TJ・トリニダード)が出てきて、事情を説明した。

この女は人間ではない。アスワン(Aswangs)と呼ばれる魔物妖怪である。フィリピンの言い伝えに出てくる魔物が実在していたのである。彼らは普段は深い山に隠れているが、腹が減ると里に下りてきて人間を襲う。彼らは年を取らず、殺しても死なない。銃で撃っても死なないし、燃やしても死なない。そのときだけウガーと苦しむのであるが、やがてヒョイと起き上がるのである。現在、女バケモノは厳重に拘禁されているが、こいつの仲間がそこらへんにいる。ヤツラを全滅させねばならない。おまえもいっしょに闘え。おまえは医者なんだろ。ヤツラの弱点を見つけてくれ。

と語る刑事は、彼もまた、自分の家族を殺されたそうである。最近起きた事件の犠牲者は彼の身内だったということです。

という驚くべき話を聞かされたルーカスくんは絶句。「なんということか!」とうなっていたところに、バケモノどもがガオーと襲ってくる。カワイコちゃんの暴力夫とその仲間らしいです。関係者のみなさんは病院にたてこもり、凶悪バケモノと闘う!うぎゃー!がおおおおおおおお!じゅぶううううううぐじゅううううううぎょえええええええええ!

トレイラー動画

Patient X (2009) trailer

感想

ホラー好きな友達みんなで集まって「ギャハハ」と突っ込みながら鑑賞する用のお安いホラー映画。アスワンていうバケモノは、キバがあるという点以外はみため普通の人間です。目つきが狂乱じみてて、ケモノのように襲う。素手でbrutalにブッ殺す。フィリピン版『30デイズ・ナイト / 30 Days of Night』というかんじでした(こちらのほうがずっと安っぽいですが)。でもヴァンパイアじゃないので、おひさまも平気です。この敵をいったいどうやって殺すのだろう、弱点をさがせ、とかいってる、ふむふむ、どうやるのかな、たのしみだな、と興味深く見てたら。。。。

以下、ネタバレ度中です。

結局、首チョンパだった!なんだ!

ま、いいですよ。こういうのはよくある。

この程度の脱力は低予算ホラーの常なので私はそう気になりませんが、一点だけ、いやなところがありました。人間に捕まってるカワイコちゃんは他のヤツラとちがって「わたしは人殺しするのがもういやです。だから逃げてきたのです。ほんとにごめんなさいでした」と殊勝なことをいうんだが、もしかして、だまくらしているんじゃないか(こわいおとぎ話によくあるでしょ)と思えたりもするのです。

私は「彼女はきっとうそをついているんだろうな!」と興味深く見てたんだが、結局、お涙頂戴の感動してください話になってしまうのでトホホとおもいました。彼女がガオーとなるシーンも少しあるんだけど、その先が中途半端ではないですか。あの設定で同情なんてできないですよ。

最後になったら、カワイコちゃんがこわーいオニババに大変身して、わるもん台詞をいう。おまえを油断させるための芝居だったのだよ、このおおばかめ!しんじまえ!わっはっはー。アンちゃんは食われる。血塗れニターリ顔のアップ。おしまい。ていうほうが清々しいとおもう。

画像

画像をもっと見る (15枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画 :: アジア』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Patient X
邦題(カタカナ): 『ホスピタル・オブ・ザ・デッド 〜閉ざされた病院〜』
制作年: 2009年
制作国: フィリピン
公開日: 2009年10月28日 (フィリピン)
imdb.com: imdb.com :: Patient X
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News