2014/1/9 (Thu) at 7:49 am

新スピンオフ企画『ABC・オブ・デス1.5(ABCs OF DEATH 1.5)』の26作品が決定!

ABC・オブ・デス2(ABCs OF DEATH 2)の『M』枠コンペに選ばれなかった方々から優秀作品26本。

26組のホラー監督が26の『死』を描くアンソロジー映画のPART2『ABC・オブ・デス2(ABCs OF DEATH 2)』ですが、26の内『M』のパートだけは、コンペ形式で新人監督が選ばれるというキメですが、先にお伝えしたように、Robert Boocheck監督の『M is for Masticate!』が選ばれました。すばらしい作品です↓

そして、さらに、これが発表された当日「新スピンオフ企画をやるぞ!ABCs Of Death 1.5だ!」という新たな構想が明かされました。2じゃなくて1.5です。というのは、このコンペには540本の応募があり、惜しくも選ばれなかった中にも優秀な作品が多々あることから、セカンドチャンスが与えられたというわけです↓

本日、この『ABC・オブ・デス1.5(ABCs OF DEATH 1.5)』の26作品が発表されたのでお伝えします。

これはいわばセカンドリーグ的な存在ですが、けっこういいのがあるんですよ。今後もこのような形で進行するならば、ますます層の厚いフランチャイズとして繁栄を遂げるでしょう。ABCさん、ばんざい!

尚、このアンソロジーはデジタル配信(無料なのかどうか知らない)を予定しているが、今後の行方によっては、Blu-ray/DVDの発売もあり得るということだそうです。

1.5に選ばれたのは以下のみなさんです。それぞれ寸評コメントと評価アイコンがついていますが、これらは私の個人的な好みであります。

ではどうぞご覧下さい。

ジャジャーン!

ABC・オブ・デス1.5(ABCs OF DEATH 1.5)に選ばれた26作品

M is for Mom

greatgreatgreatsadfavfavfav

directed by: Carles Torrens

人間の内臓を持ち歩くバケモノ子供がかわいい少女を見つける。ひゃー。襲われちゃうー。と思ったら、意外な展開に。これはいいですなあ。子供の頃に読んだ『おにたのぼうし』を思い出した。

M is for Moonstruck

greatgreatgreatsadsadfavfavfav

directed by: Travis Betz

当ブログイチ押しのインディーズ監督トラヴィス・ベッツさんのペーパーショート作品。ハロウィーンの夜の墓場で起きた不思議な出来事。甘くてビターな作風はいつも通り。わかりにくいと思う人がいるかもしれないが、これは死後の世界と現実に起きたことを同時に見せているんじゃないですか。目をまたたきする度にあっちとこっちに入れ替わる。と考えると意味が通るように思える。

監督さんの喜びのお言葉↓

M is for Marauder

greatgreatcomedyfavfavfav

directed by: Steve Daniels

三輪車マッドマックス!くくく。おもしろーい。インディーズの神髄を見た思いがする。感動した!

M is for Meat

greatgreatfavfavfav

directed by: Wolfgang Matzl

肉を食う男なんだな。と思ったら肉に肉を食わせる男だった。と思ったら肉に食われる男だった。なんだ!主役は肉だったのか!奇妙で不思議なアニメ作品。

M Is For Mailbox

greatgreatfavfav

directed by: Dante Vescio and Rodrigo Gasparini

ハロウィーンの夜に凶悪ヴァンパイア子供がお菓子をもらいにやってきた!ところがそこに住んでいたのが〇〇さんだった!ゴアエフェクト/シネマトグラフィ/音楽/演技、すべてに渡ってプロクオリティ。ヴァンパイアさんは郵便箱の名前を見るのを忘れちゃったのが失敗でした。スペイン語。英語字幕つき。

M is for Marriage

greatgreatmysteryfavfav

directed by: Todd E. Freeman

女が医者(ドクターと呼ばれているので医者らしいが、普通の医者でなくて呪術医みたいなもんと思われ)に、恋人の浮気で腹が立ったことを告白する。女の口調は次第に熱を帯びてきて「頭にくるーーー!許せなーい!」つって、怒りまくる。すると、不思議なことに、医者の体に腫瘍みたいなもんができてくる。きもちわりー。やがて女はスッキリ顔になる。医者は「よかったですね。あなたの怒りは去りましたよ」とかいう。これはつまり「心の汚物を吸い出してくれるセラピー」みたいなもんかなと思われる。したらそこに....?! 最後はウギャー!なんだかよくわからないが、テンションの盛り上がりがすごい。

監督さんの喜びのお言葉↓

M is for Matador

greatgreatfavfav

directed by: Gigi Saul Guerrero

マドリッドで連続バラバラ殺人事件が発生。犯人は狂った闘牛士さんだったのです。ゴアゴア/演技/撮影/音楽なかなかのもんです。スペイン風物ホラーを楽しもう!スペイン語。英語字幕つき。

M Is For Manure

greatgreatfavfav

directed by: Michael Schwartz

どっかの農場。暴力父にドヤされる気弱息子は今日もせっせとくさい肥料ををかきまわしていたらば、女のバラバラ死体を発見。ひー。彼はそれを持ち帰ってへんなことをやる。最後はグロゴアびっくりの肥料怪人(ていうのかね)が出現します。つっても、お笑いじゃなくてシリアスなんですよ。よくできているよ。

M is for Muff

greatgreatcomedyfavfav

directed by: Mia'Kate Russell

中年男が安モーテルの部屋にいたら、ド派手なデブ娘がやってきて、エロエロダンスを始めるではないか。最後はびっくり。はははははははは。台詞ナシ。muffの意味はこちら → Urban Dic :: muff

M is For Malnutrition

greatgreatfavfav

directed by: Peter Czikrai

スロバキアからの応募。台詞ナシ。ゾンビに追われながら生き残る腹ペコ娘!これはいいよ。応募された時期がギリギリだったからLike数が伸びてないんだと思う。みんなも見よう!気に入ったらLIKE IT!

M is for Messiah

greatgreatmysteryfav

directed by: Nicholas Humphries

どっかのジャングル。女の人が原住民にとっつかまって、生け贄(かな)にされそうになるが、彼女はジタバタして、でも、あー、もうだめ。と思ったら、意外な展開になる。えぇえぇえええ!?彼女は救世主になったのでしょうか。台詞ナシ。よくわかんないけど、おもしろい。

M is for Make Believe

greatgreatfav

directed by: Summer Johnson

妖精コスの少女コンビが、森で死にかけ男を発見する。グロかわいいお伽話ってかんじの小品です。少女たちの行く末が気になります。1.5に選ばれて喜びのお言葉↓

M is for Mind Meld

greatfav

directed by: BC Glassberg

男がガラスをバリバリ食う場面から始まって、ひたすらにいろんな手法で自傷行為に走る様が映し出されます。痛痛痛痛痛痛痛。いったいなにを考えているんでしょうか。

M is for Munging

greatfav

directed by: Jason Koch and Clint Kelly

ふたりの男が死体を運んで何をやるんだと思ったら、こりゃまたびっくり。きもちわりー。Aftermath FXによるグロ特殊メイクはなかなかすごい。死体好きなひと向け。

M is for Mess

greatfav

directed by: Carlos Faria

おへそからウンコが出てくる特殊体質に生まれついた男の人生的苦悩を描いた愛の物語。くだらない!安っぽいけどアイデア勝負でいいんじゃないの。ポルトガル語。英語字幕つき。

M is for Marble

greatfav

directed by: Zac Blair

小さなビー玉が床にひとつ落ちたら、おそろしい血塗れの事態に発展する。密室殺人トリックを考えるのが好きな探偵小説家さんが好きそう。

M is for Mactation

greatsadfav

directed by: Maria Ivanova

くらーい雰囲気のアニメ作品。東欧風。男が田舎の家にやってくる。夫婦が出迎え、病気の娘の部屋に案内する。彼女は生け贄にされたという意味なのかな。台詞ナシの物語は想像をかきたてるかんじ。

M is for Maieusiophobia

greatfav

directed by: Christopher Younes

出産テーマのグロな人形クレイメーション。造形はいいと思うんだが、最初に妊婦さんを見たとき、オッサンかと思った。

M is for Mormon Missionaries

goodcomedyfav

directed by: Peter Podgursky

モルモン教のコンビがやってきてうっかりドアを開けたらヒデーことに。最後にアッと驚くtwist。アンちゃんのネクタイが変わっているのは伏線なんだと思いますよ。そこはわかるが、なにか足りない気がするなあ。でもアンちゃんの演技はおもしろかった。ところで、オバちゃんを演じているCarolyn Purdy-Gordonはスチュアート・ゴードンの奥さんです。

M is for Merry Christmas

greatsad

directed by: Joe and Lloyd Stas

サンタみたいにみんなから愛されたいのに愛されない怪物さんの話。なんだかかわいそう。Krampusていう怪物についてはここに載ってる → Krampus

M is for Miracle

greatmystery

directed by: Álvaro Núñez

天から『奇跡の箱』が降ってくる。男が拾って開けてみたらウサギがいた。彼はそれを娘にプレゼントするんだが、冷たく拒否されてしまう。男は箱を頭にかぶって、夢の世界をうろつき回る。狂った男が『奇跡』と信じる脳内イメージなのかな。最後のあれは「箱はワナでした」っていうことなのかな。よくわかんないけど、おもしろいよ。それにしてもなぜウサギという動物はこういう風にホラー映画で使われるんですかね。スペイン語。英語字幕つき。

M is for Mermaid

great

directed by: Ama Lea

どっかの湖。ふたりのアンちゃんが釣りをやってたらブロンドカワイコちゃんの人魚が釣れる。男は人魚を家に連れて帰って仲よくするのかなーと思ったら?!ひどーい!人魚の特殊メイクはよくできているが、なにか惜しい気がする。

M is for Mobile

great

directed by: Baris Erdogan

どっかの地下室。男が誰かを監禁して拷問中。拷問者はいちいちスマートフォンで誰かの指示を仰ぐ。「舌を切れ」とか「めんたまくりぬけ」とか命令が送られてきて、彼はその通りにやるんだが、最後の命令でこまっちゃう。最後のアレは子供時代の記憶が蘇ったという意味かな。

監督さんの喜びのお言葉↓

M is for Mariachi

greatcomedy

directed by: Eric Pennycoff

デスメタルバンドのライブに場違いなアンちゃんが友達にむりやり連れてこられる。やがてライブが始まるとみんなはノリノリになるが、アンちゃんだけはやっぱりだめである。彼は暴力的な大音響にたじたじとなるが、そこにおきらくマリアッチトリオが乱入。アンちゃんを助けてくれる。Ha!

M is for Magnetic Tape

good

directed by: Tim Rutherford and Cody Kennedy

良心的なビデオ店には『魔法のVHSテープ』が密かに隠されており、勇気ある店主がVHSを根強く守っている。ビデオ店が危険にさらされると、店主はアチョーと変身。ビデオ怪人と化してわるもんをやっつける。Astron6オマージュ(てかrip-off?)みたいなヤツだったですね。

M is for Martyr

goodmystery

directed by: Jeff Stewart

男が野原で拘束されている。月曜日から日曜日までいろんなひとがやってきて「ありがとう」つって彼をブッ殺す。彼はみんなのために死んだってことらしいです。

--------------------------

みなさんの好きな作品は含まれていたでしょうか。私としては、以前から応援しているトラヴィス・ベッツさんが選ばれてうれしかったです。さっそくお祝いの言葉を投げましたが、彼はけっこうクールでありまして、私がわーわーいっても、気が向いたときしか返事をくれません。でもいいの。

M is for Marauder』『M is for Mom』は特に好きだったので、選ばれてよかった。その他はちょっとアレレな部分もあるけど、まァ、好みの問題なのかな。

この前インタビューをしたダリルさんがいなくて悲しいです。あれ、よかったのになあ。今後もくじけずにがんばってください。ダリルさんはカナダのインディーズ映画作家です。インタビューはこちらです↓

尚、応募作品をすべて見てみたい方はこちらをどうぞ。すべての作品をコメントつきで紹介しております↓

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ABC・オブ・デス(ABCs OF DEATH)関連のエントリ

新作ホラー/SF予告編+TOPIX+NEWS』の最近のエントリ

PV6,641
ホラーなブログの方はどうぞ
原題: ABCs of Death 2
別題: Ölüm Elifbasi 2
O ABC da Morte 2
23 Ways to Die
Азбука смерти 2
Ölümün ABC'si
ABCs of Death 2
邦題(カタカナ): 『ABC・オブ・デス 2』
制作年: 2014年
制作国: アメリカ/ニュージーランド/カナダ/イスラエル/日本
公開日: 2014年9月18日 (アメリカ) (Fantastic Fest)
2014年10月2日 (アメリカ) (internet)
2014年10月8日 (スペイン) (Sitges International Fantastic Film Festival)
2014年10月11日 (アメリカ) (Chicago International Film Festival)
2014年10月17日 (カナダ) (Toronto After Dark Film Festival)
2014年10月31日 (アメリカ) (limited)
2014年11月14日 (イギリス) (Leeds International Film Festival)
2015年2月3日 (アメリカ) (DVD and Blu-ray)
2015年2月20日 (日本) (Yubari International Fantastic Film Festival)
2015年5月29日 (ドイツ) (DVD & Blu-ray発売)
2015年7月18日 (韓国) (BiFan - Bucheon International Fantastic Film Festival)
2015年8月22日 (日本)
imdb.com: imdb.com :: ABCs of Death 2
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
シネマトグラフィ
編集
キャスティング
プロダクション・デザイン
アートディレクション
衣装デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup
謝辞

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1543)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News