2009/1/24 (Sat) at 4:13 pm

映画|東京残酷警察|Tokyo Gore Police

ジャパン変態道を突っ走るバカ悪趣味ゴアスプラッター!ピンキーな血飛沫シャワーがますますドバー!『片腕マシンガール』に続くTOKYO SHOCK作品!しいなえいひ主演。板尾創路紅井ユキヒデ他の変態キャスト!監督西村喜廣。2008年。

東京残酷警察 / Tokyo Gore Police DVDDVD画像

警察が民営化され、重犯罪者はダダダと銃殺される近未来。しいなえいひ演じるルカちゃんはキリリとした瞳のエンジニアハンター。『エンジニア』ってのは、体の一部を奇怪に変異させて無差別殺人を行う謎のバケモノで、ルカは警察の一員としてコレをガシガシと血祭りにあげる日々なのだ。

爽やか警察官だったルカの父親の死の真相と、『エンジニア』という殺戮バケモノの関連が明かされていく。不具者性愛をモチーフにした残虐造型デザインは徹底して悪趣味。Dr.アダーもマッサオ!ってかんじ。こりゃおもしろい!

Tokyo Gore Police

※感想

こんなこといったら好きなひとには怒られるかもだけど正直にいいますが、じつは私は『片腕マシンガール』はあまりピンとこなかったのです。予告編はかなり期待したんだけど、DVDを見始めて途中でヤメちゃいました。ヤクザ、スシ、テンプラ、女子高生みたいなジャパンエレメントをおもしろおかしくスプラッターしただけじゃないかという風に思えてきちゃって、途中で見る気をなくした。こんだけ?みたいな。好きな方にはすんません。

ところが、この『東京残酷警察』はかなりよかったですねー。満足満足。「Dr.アダーもマッサオ!」なんて書いちゃいましたが、不具者性愛フェチを意識したような造型がたくさん出てくるのでそういう感想を持ったんですけど、アダー先生をよりコミカルに、よりピンク色に染めあげたってかんじですかね。

『エンジニア』っていうバケモノは最初は普通の人間と変わらない。ウガーと襲ってくるんだけどスグにヤラレちゃう。が、いったん後退したのちにその肉体が醜悪に変異する。ピンク色の肉塊がギョエーと出てきて『なにか』に変わっちゃうんだけど、毎回なにが出てくるかわかんないの!とにかくヒデーもんであることだけはまちがいない!それがおもしろい。

オッパイから殺人ミルクを出す、目ん玉が大砲になってダダダと攻撃する、下半身がバルタン星人の片手みたいに変異した変態娼婦は変態人魚というようなありさまで、彼女の醜悪な下半身がぱっくり開くとマンコで相手をギタギタに食い散らかす、なんていう調子でいちいちおののかされる。そのたんびに豪勢な血飛沫シャワーがドバー!American Beauty風に感激する私↓

Spec .... tacular...

後半クライマックスは怒濤のバトルが連続。変態ペットと化した変態ラバーワンコ人間とルカがダダダーと闘う。すごいすごい。最後に『MORE GORE COMING SOON!』と出てきたよ。次もたのしみ!

エンジニアが出てきた秘密ですが、細かい話は映画でどうぞ。なんていっても造型のおもしろさが主題の映画だから文章で説明したっておもしろくないとおもうんで細かいネタバレなどは割愛。エンジニアの親玉が紙芝居でわかりやすく教えてくれるよ。

これがあんまりおもしろかったんで『片腕マシンガール』を再トライしようかなという気になりました。私、最後まで見てないのですね。ぜんぶ見てないのに文句いうのもアレですからね。

TOKYO SHOCKのブログによれば↓

日本で4月に発売されるDVDには、US版にはないオマケがたくさん含まれる模様。発売日/内容等詳しくは上のリンク先を見てください。

いやー、おもしろかった。

画像

画像をもっと見る (20枚)

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

ホラー映画も普通の映画も :: 日本』の最近のエントリ

ホラーなブログの方はどうぞ
原題: Tôkyô zankoku keisatsu
別題: Tokyo Gore Police
邦題(カタカナ): 『東京残酷警察』
制作年: 2008年
制作国: アメリカ/日本
公開日: 2008年5月29日 (ドイツ) (Hamburg Japanese Film Festival premiere)
2008年6月21日 (アメリカ) (New York Asian Film Festival)
2008年6月22日 (アメリカ) (Another Hole in the Head Genre Film Festival)
2008年7月 (韓国) (Puchon International Fantastic Film Festival)
2008年7月12日 (カナダ) (Fantasia Film Festival)
2008年8月15日 (アメリカ) (Asian Film Festival of Dallas)
2008年9月13日 (アメリカ) (It Came From Schenectady Film Festival)
2008年9月19日 (アメリカ) (Austin Fantastic Fest)
2008年9月27日 (フランス) (Weekend De La Peur Festival)
2008年10月3日 (アメリカ)
2008年10月4日 (日本) (Tokyo)
2008年10月4日 (アメリカ) (International Horror & Sci-Fi Film Festival)
2008年10月23日 (カナダ) (Toronto After Dark Film Festival)
2008年11月6日 (フランス) (Lyon Asiexpo Film Festival)
2008年11月9日 (ドイツ) (Munich Asia Filmfest)
2009年1月13日 (アメリカ) (DVD)
2009年12月17日 (フランス) (Nantes)
imdb.com: imdb.com :: Tôkyô zankoku keisatsu
監督
脚本/原案
出演
プロデュース
音楽
シネマトグラフィ
編集
プロダクション・デザイン
視覚効果(Visual Effects)
特殊効果(Special Effects)
Makeup

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1535)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News