2016/11/24 (Thu) at 9:08 am

El Gigante レビュー by ブレンダン!(English + Japanese)

ブレンダンの『El Gigante』レビューは日英併記でお送りします。English and Japanese review of El Gigante written by Brendan Wimsett!

El Gigante レビュー by ブレンダン!(English + Japanese) DVDDVD画像

El Gigante is the story of a Mexican guy named Armando who finds himself separated from his family when he can’t cover the cost of smuggling himself alongside his wife and daughter into America. Urging them to cross the border before him, Armando is left stranded in the desert where he must fend for himself. After much wandering, Armando is exhausted and collapses in a defeated huddle on the floor when he encounters a mysterious man who emerges from out of the darkness and tosses him some water. Relieved, Armando gulps down the water before passing out from exhaustion.

「エル・ギガンテ」はアーマンドという名のメキシコ人の物語です。彼は妻と娘と一緒にアメリカへ密入国しようとしたんだけど、お金が足らなくて、家族と切り離されてしまう。アーマンドは先に家族を行かせて、砂漠で一人で立ち往生します。砂漠で長時間で彷徨う彼が疲れ果てて倒れる瞬間、謎の男が闇から現れて水を恵んでくれる。感謝しながら水をごっくんと飲むと、疲れたせいで彼の意識が無くなる。

In what should be a fortunate turn of events, Armando awakens to discover that his luck is quite the opposite when he finds himself in a makeshift wrestling ring with a Lucha Libre mask sown onto his face. Utterly bewildered and in fear for his life, Armando frantically surveys his surroundings and sees a creepy looking family watching him. It is at this moment a huge monolithic wrestler stands before him wearing a similar looking mask. His name is “Gigante”….

助かったと思ったアーマンドが目を覚ますと、彼は砂漠じゃなくてレスリングのリングの中にいて、自分の顔の上にルチャリブレの仮面が縫い付けられている。焦ったアーマンドが周りをみると、気味悪い家族がリングの外から彼を見ていた。そして、自分の前に同じマスクをつけている巨人のレスラーが立っている。彼の名は「ギガンテ」です。。。

El Gigante is a 14 minute short directed by Gigi Saul Guerrero and brought to life by her talented team at Luchagore productions. Though short in length, she does an incredibly good job at conveying the emotional and physical pain that Armando has to endure, enabling the viewer to empathize with his situation completely. El Gigante doesn’t pull any punches in the gore department either and I have to say that one scene in particular really made me wince. The horror aspect comes from a very psychological angle too since it encourages oneself to imagine being in Armando’s situation which, for me, was a really terrifying thought. Though Gigante himself is the star of the show, I really dug the creepy family sat ringside watching the horror unfold. The movie is set in Mexico but the family has a unique vibe about them that kinda reminded me of the family in Texas Chainsaw Massacre. Actually, scratch that, these guys are WAY creepier!

「エル・ギガンテ」はジジ・サウル・ゲレロ監督による14分間の短編映画です。映画が短いですが、この14分間でアーマンドの痛みと心の苦悶がたっぷりと描かれます。ゴアの場面も半端ないし、あるシーンで体が思わず怯んだときもあった。この映画の一番気に入ったところは「もし自分がアーマンドだったら、どうする??」と考えさせること。怖ろしいですよ!!当然、ギガンテはメインスターですが、あの気味悪い家族もすごく気に入った!映画の舞台はメキシコだけどテキサス州にいる「悪魔のいけにえ」の家族のことを思い出す。いや、この家族はあいつらより怖い!

The rich, high-definition picture quality and color in the movie give it such a polished feel too that you would be forgiven for thinking that it had a big production budget to work with. El Gigante is a short, horrific movie yet one that perfectly showcases how exceptionally talented Gigi Saul Guerrero and her team are. After seeing this movie, one can’t help but look forward to seeing more work from the Luchagore Productions team! Excellent stuff indeed!

映像が非常に綺麗で、大した予算で作られたんじゃないかなと思うほどのインディーズ映画です。「エル・ギガンテ」は短いですが怖くて、ぐろくて、最高に楽しい。これを観てもっとジジ・サウル・ゲレロ監督と彼女のチーム、ルチャゴア・プロダクションスの作品を観たくなった!素晴らしい!

Fortunately, Tokyo residents will also be able to “meet” Gigante on the big screen next month since this awesome little movie will be screening at the Chinkolympics with HorrorShox on the 26th at the Asagaya Loft. This is one you definitely won’t wanna miss!

今月の26日に東京にいる皆さんも直接ギガンテさんと会えるそ!阿佐ヶ谷LOFTで行う東京電撃映画祭+Horrorshoxの「チンコリンピック」で「エル・ギガンテ」を観よう!絶対見逃すと損するよ!!

- Brendan Wimsett
- ブレンダン・ウィムセット

---------------------

ブレンダンのレビューは以上です。どうだったですか。昨日アプした『The Taint レビュー by ブレンダン!(English + Japanese)』に続いて、このレビューも彼が英語/日本語を書きました。私(Hiro)が少し日本語を直したけど、ほぼ原文通りです。すごいでしょう。何度もいいますが、この人の言語能力はすごいのです。『チンコリンピック』で上映される映画の日本語字幕はすべて彼と私の共同作品です。はっきりいって『力作!』です(何度もいってますが。誰もいってくれないもんで)。ほんとに!だから見に来てね。

ジジさんが写真送ってくれた!

ルチャゴアのみなさんです。右側の女の人がジジさん。彼女が一番えらい。んで、真ん中が撮影/編集のルークさんで、左側のアンちゃんは俳優のマチアスさんです。彼はエルギガンテにも出ています。

あと2、3人いて、こんな人たちが集まって、ルチャゴアプロダクションズというのをやっています。意外に思われるかもしれませんが、ルチャゴアはメキシコのプロダクションではありません。ジジさんがカナダ在住のメキシコ人で、だからカナダなのです。だからエルギガンテもカナダ製作の映画です。

彼女のきれいなお顔を拝見すると「こんなネーチャンがあんなヒデー映画をつくっているのか」と誰もが驚くでしょう。実際そうなんです。ジジさんは本当にゴア好きで、ハチャメチャなもんが大好きです。

倉林さんと私はこれまでに何度かルチャゴア映画のポスター等を製作しました。いつもチャットで打ち合わせをやるんですが、とにかくこの人と会話してると「きもちわるくして!」「ぐじゅぐじゅにして!」「汚くするのよ!」といった要望がどんどん出ます。あの顔でそれを言われると、おもしろくて仕方がありません。彼女が言う通りに精一杯にぐじゅぐじゅ血塗れに仕上げた絵を見せると、チャット窓にハートマークがぶわーと出てきます。

ルチャゴアの他の短編を見れるよ

ルチャゴアさんのサイトにいって↓

ちょっとスクロールするとふたつのポスターが出てきます↓

LUCHAGORE PRODUCTIONS

Luchagore Easter』と『Luchagore Christmas』は両方おもしろいので見てください。これらのポスターを倉林さんと一緒につくりました。いいでしょう?

ルチャゴアさんの短編は無料で公開されているものが多いですが、エルギガンテを含めいくつかの作品は映画祭に行かないと見れないのです。DVDも売ってない。だから『チンコリンピック』で見るといいですよ。

エルギガンテ漫画もあるよ

エルギガンテの漫画も倉林さんと一緒につくりました。こちらは公開が遅れていますがしばらくお待ちください。

『チンコリンピック』は今週土曜日!

チンコリンピック』はチンコ主題のホラー映画上映会です。11月26日。東京阿佐ヶ谷ロフトA。詳しくは公式サイトを↓

チケット前売りはこちら↓

楽しみだなあ。

twitterのご案内

当ブログをお読みくださり、ありがとうございます。twitterやってます。ホラー映画好きな方はフォローしてくださいませ。サイトの更新や新作ホラーの情報を随時流しています↓

Facebookのご案内

『チンコリンピック』関連エントリ

Hiro Fujiiの制作案件いろいろ』の最近のエントリ

PV586
ホラーなブログの方はどうぞ

ホラーSHOX [呪](『ほらーしょっくすのろい』と読む)は新作ホラー映画のレビュー中心のブログです。たまに古いのやコメディ等もとりあげます。HORROR SHOX is a Japan-based web site, which is all about horror flicks.

 

すべての投稿 (1532)

CALL GIRL COMIC by DAIJU KURABAYSHIEL GIGANTE COMIC COMIC by DAIJU KURABAYSHI
HORROR SHOX - Horror Reviews, News