PV857

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

本ページは『映画|フリージング・アウト|Malevolence』のネタバレ全開です。この映画の普通の(ネタバレのない)レビューはこちらにあります↓

ネタバレ結末

ドタバタアクションの末に、強盗チームは全死亡。キラーは姿を消した。母娘はポリスに助けてもらえた。

誰もが想像のつく通り、シリアルキラーの正体は10年前にさらわれたマーティン少年だったのでした。10年経ってるからいまは16歳。

映画の最後で、FBIが現場にやってきて、現場検証をする。死体がたくさん発見され、ここはシリアルキラーのアジトだったと知り、キラーの日記を発見する。そこには、誘拐したマーティン少年を弟子にして、自分と同じキチガイキラーに教育しようとした男の告白が記されていた。その内容によれば、マーティンはキラーを殺し、第二のキラーになったらしい。10年の間、人知れず廃墟に潜伏していたらしい。そんなことを知らない強盗チームは、ここを隠れ家に使おうとしたってわけでした。

ところで人質にされたママは、助けてもらったとき、どさくさまぎれに、警察の目を盗んで、チャッカリ強盗のカネをもらってきたと最後に明かされた。あんなにひどい目に遭ったのだから、それくらいはいいんじゃないですか。と思ったら、母娘が眠る寝室のドアがカチャリ?!

おしまい。

さて、これに続くPART2『Bereavement (2010)』はこの映画のプリクェルであり、キラーがマーティン少年をどうやって洗脳したのかが描かれているそうです。こちらも近々エントリを書くんで、また読んで下さい。

この映画の記事に戻る↓