PV955

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

本ページは『映画 | ヨンガシ | Deranged』のネタバレ全開です。この映画の普通の(ネタバレのない)レビューはこちらにあります↓

ネタバレ結末

ジェヒョクさんは家族を救うため、ダメ弟といっしょに動き回って企業の陰謀を暴く。いろいろあるんだが、簡単にまとめるとこうでした↓

ジェヒョクが勤めるJoa Pharmaceuticalでは、かつて、極秘にてハリガネムシの研究を行っていた。寄生虫が宿主の脳に刺激を与えるメカニズムを解明すれば、新薬開発の糸口になるからである。

研究は順調に進んでほ乳類の動物実験も成功したが、その矢先、会社が他の企業に買収された。新しいCEOは新薬開発なんてまったく興味を示さず、金儲けができればいいという調子だったので、プロジェクトは廃棄された。

ところが新CEOはその実験物を使って、違法な金儲けを企んだのである。新種のハリガネムシを放流する。人々がバタバタ死ぬ。大騒ぎになる。頃合いを見計らい、自分の会社の薬だけがそれに効くことを印象づける。

この悪巧みはトントン拍子で進行する。わるもんCEOは政府と交渉。薬のレシピを渡すことを条件に大金を出させようとする。政府は渋々同意。が、契約書にサインする直前、悪事がぜんぶバレる。

CEOは逮捕され、直ちに薬は大量生産され、ジェヒョクさんの家族も助かったんですよ。めでたしめでたし。

この映画の記事に戻る↓