PV1,394

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

本ページは『映画|ロー|Lo』のネタバレ全開です。この映画の普通の(ネタバレのない)レビューはこちらにあります↓

ネタバレ

悪魔Loはあの手この手でジャスティンをあきらめさせようとする。その過程で、エイプリルは人間ではなく、地獄の住人であると明かされるんだが、映画を観ている私たちもやっぱりなと思うだろう。悪魔召還の方法が書かれた本は元々エイプリルが残したもんで、そんな本を持ってるなんて普通の人間じゃないから。Loは地獄に堕ちた人間の姿を見せたり、ダマして毒を飲ませたりといろいろやるんだが、ジャスティンは最後まであきらめない。

いろいろあるが、ばっさりハショる。

ラスト。

悪魔Loは「あんたには根負けしましたよ」という調子で暗闇に消える。するとエイプリルが現れる。ジャスティンは泣いて喜ぶが、彼女はお別れを述べにきたのであった。ジャスティンの体から毒を抜いてやり、自分はここに居続けることはできないと述べる。ふたりは悲しくお別れする。

ラストのラスト。

悪魔Loはエイプリル本人だったと明かされる。彼女は一瞬だけその姿を見せ、悲しい顔で、すぅーと消える。海に消える人魚のよう。さようなら、エイプリル!

※エイプリルが残した悪魔召還の本にはしおりが挟んでありました。その本にはあらゆる悪魔を召還する方法が記されていたんだけど、彼女は、もしジャスティンがそういう気を起こしたときには、自分を呼ぶ出すようにしむけたのですね。他の悪魔を呼んじゃったら、たちまち八つ裂きにされるか、『ヘルレイザー』のようなことになってしまう。そういう事態にならないため、もしジャスティンがそんな気を起こしたら、自分が出てきて彼を説得すればいいと考えて保険をかけた、つまり、彼を助けるためにそうしたということです。

※映画を観ないうちにネタバレを読んじゃったせっかちさんも多いでしょうが、この映画は、ラストの顛末を知った上でもう一度観るとこれまたおもしろいのですよ。Loは嘘をついたり、皮肉をいったり、さんざんいぢわるをするんだけど、それはすべてジャスティンをあきらめさせるためだったというのがよくわかります。エイプリルってかわいいいい!

この映画の記事に戻る↓