PV1,451

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

本ページは『映画|監禁ハイウェイ|Hush』のネタバレ全開です。この映画の普通の(ネタバレのない)レビューはこちらにあります↓

なんだかんだいろいろあるが、ばっさりハショる。

自分の恋人がトラック運ちゃんにさらわれたと知った男は単身で追う。ポリスも出てくるが、逆に彼のほうが疑われてしまって警察はアテにならず、悠長に説明しているひまはないから自力で救うしかないのだ。キラーには意外な協力者がいるという点が徐々に明かされる。ひとりは途中で立ち寄ったパーキングエリアにいた警備員のオッサン、もうひとりは逃げてきたズタボロ女である。警備員のオッサンは映画のエンドロールでチラと出てくる。ズタボロ女は途中で「タスケテ〜」と走ってきたのでこのひとも監禁されていたんだなと思ったら、じつはわるもんなのであった。

というtwistは意外性があってよかったんだが、結局のところ、この女はナニをやりたかったのかがわからず、そもそもこのキラーの正体というか目的はなんであるのかという点がぜんぜんわからないのだが「細かいことはぐちゃぐちゃいうな」ということなのだろうたぶん。

男はズタボロ女をやっつけてキラーを追う。トラックの上に隠れてそのアジトに潜入。すったもんだの末に、最後はデカコンテナをどかーんと落としてキラーをペシャンコにしてやった。男の勝ち。彼は恋人を助けました。

男はさらわれた恋人のケータイを持ってるのだが、それに浮気男からの電話やメールがしょっちゅう入るというシーンがあった。「昨夜は最高だったぜ、ベイビー。おれの指にはまだ匂いが残ってるイヒヒ」なんていうメールを読みつつ、くそったれきぶんで恋人を助けるわけだが、そこらへんがおもしろいとこなんだが、imdbのbbsを見てたら「こういうラストはどうヨ。『じつはさらわれたブロンド女は別人だった。男が別人の女を助けて拍子抜けしたころ、恋人は浮気男とハッピーイチャイチャのまっさいちゅうなのだった』。こっちのほうがおもしろくない?」という書き込みがありました。なまぬるい湯加減のサスペンス映画でも、想像力を働かせればいろいろ楽しめるってことですね。

この映画の記事に戻る↓