PV1,326

!!!! SPOILER ALERT !!!!
!ネタバレ注意!

ネタバレ注意!SPOILER ALERT!

本ページは『映画IDevil's Angel (I'm Not Jesus Mommy)』のネタバレ全開です。この映画の普通の(ネタバレのない)レビューはこちらにあります↓

ネタバレ結末

デヴィッド少年はイエス様のクローンだったのでした。

上のあらすじでは割愛したが、ロジャーという男、かつてキンバリーをクローン実験に誘った男のその後のお話も出てくるんだが、彼は、ラボで働いていた頃には、好奇心あふれる冷血科学者男という雰囲気だったが、じつは聖書キチガイだった。世界が荒廃した後、彼は自分の家族と暮らしていたが、狂って家族を殺した。それが救済になると信じていたらしいです。

その後、なにも知らないキンバリーさんが彼を訪ねてくる。このとき事故が起きて、デヴィッドは車に轢かれて死亡。ところが、ホイと生き返る。ロジャーの口から「デヴィッドはイエスのクローン」と秘密が明かされる。彼はトリノに保管されている聖衣から細胞を採取したそうな。彼女はびっくり仰天。「あなたはくるってる!わたしの息子はただの坊やだ」とかいう。ロジャーは怒って銃を出す。

キンバリーさんはおなかを銃で撃たれてしまう。ロジャーはデヴィッドに救いを求める。が、デヴィッドは拒否。ロジャーは絶望して拳銃自殺。

デヴィッドはママに駆け寄り「ヒーリングをしてあげる」という。彼女は(理由は不明なんだが)それを拒否。十字架を握りしめて死亡。デヴィッドはひとりぼっちになってしまった。

最後の最後。

デヴィッドは誰かに付き添われてスマイルする。

おしまい。

devil: Knock knock.
David: Who is there?

※最後に出てきた謎の人物は、字幕によれば、悪魔ってことらしいです。わかったようなわからんようなエンディングでした。キンバリーさんは死ぬ間際、自分の夫の名前のついたケースを持っていた。あれは意味深な演出だったので、もしかして、謎の人物は死んだ夫なのかなとも思えたが、それが悪魔なんてへんじゃんね。だからよくわからない。もういちど見ればなにかわかるかもしれないが、見る気にならない!

この映画の記事に戻る↓